« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

台北食い倒れツアー(四日目帰国)

9月30日(四日目)
今日は帰国の日です。朝仕度をして7時にチェックアウト。隣のパン屋で朝食を買おうと覗いていみると、まだ準備中。昨日営業開始時間が7時だと確認しておいたのに開いていないなんて、適当なんですね。こんなところでパン屋が開くの待っていても仕方ないので、國光汽車のバスターミナルへ向かいました。ホテルからは歩いて5分ほど、雨も上がっていて良かったです。
<バスターミナルへ向かう道>
Cimg4512

バスターミナルの入口でタクシーの運ちゃんが空港までならタクシーが早いよと声をかけてきましたが、チケット持っているからというと、空港行きの乗り場はあちらだよと教えてくれました。すでに空港行きのバスは止まっていて、ゲートで復路のチケットをもぎってもらい、クレームタグを貼ってもらい半券を受け取り、自分でバスの横のトランクへ荷物を積みます。トランクには第二ターミナルとか第一ターミナルと書いている二箇所がありますが、結局どちらもあけてもらいますのでどちらいにいれても同じです。荷物を積み乗り込むと結構人が乗っていました。5分ほどでほぼ満席になってすぐに出発しました。

さすがに台北のど真ん中だけあってこの時間は道が混んでいます。途中で一人だけ乗せて、あとは空港までノンストップです。まずは第一ターミナルで停車し、その後に第二ターミナルの終点になります。台北車站から約50分くらいでした。まあ、ここまでは予定通りです。バスを降りて3階の出国ロビーへ。

PDPの案内板でチェックインカウンターを確認し、そちらに向かうと長蛇の列。昨日、一昨日とフライトがキャンセルになっているため多分フルだと思います。とりあえず列の最後尾に並びました。すぐ後ろにはJTBスタッフと4人の日本人がつきました。会話を聞いていると、どうやら昨日帰国予定だったらいしいです。今日飛行機が飛んでくれて本当によかったです。約30分後無事にチェックインが終了し、4階のフードコートへ。
<PDPの案内板>
2
<混み合うJALのカウンター>
Cimg4533

フードコートには大したお店はありませんが、何か食べようとバーガーキングへ。久しぶりに食べるワッパーはおいしくなったです。もったいないですが食べ残し、出国ゲートへ。
<バーガーキング、日本から撤退するのもわかります・・・>
Cimg4539

セキュリティー、出国審査とも空いていてすんなり通過しました。そして、準備編で紹介した記念品をお店で交換して登場ゲートへ。すでに搭乗時間の5分前、ゲート近くに行って座っていると搭乗の時間になりました。いつも通りビジネスクラスや子連れのお客さんから搭乗になります。しかし、アナウンスではクリスタルカードの方とも言っている。そこで係員にクリスタルカードを見せて妻とともに優先搭乗できました。(本来はカードを持っている本人だけのはず)
<記念品はこの中から選べます>
Cimg4543

飛行機は定刻に出発しました。機内食は思ったよりまずくはなかったです。
<帰りの機内食>
Cimg4557

JALはアルコールが無料なんですね。思わずエビスビールをいただきました。すこし揺れましたが映画(インディージョーンズ)を観ていたら眠るまもなく成田に到着しました。ここでも雨です。ずっと太陽を見ていません・・・。3泊4日の台北旅行お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

台北食い倒れツアー(三日目)

9月29日(三日目)
朝起きてTVを観ると、どうやら台風の中心は台湾を抜けたということですが、台風全体は台湾をすっぽり覆っている形です。窓から外を見ると昨日より、雨と風は治まっています。とりあえず今のうちに朝食を食べに行こうということで早速準備しました。

ホテルの外に出ると、ときどき強い風が吹きますが、歩いて5分のマクドナルドへ向かいました。台湾でもモーニングマックは同じようなメニューです。2人分頼んで145元ですから日本より安いと思います。味は日本と変わりないですが、ホットケーキのシロップがかなり甘いです。食べ終わり、ホテル戻る途中の地下街のミスタードーナッツでポンデダブルチョコ35元と隣のセブンイレブンでコーラ20元を買って帰りました。ミスドも味は同じですが値段が日本と同じくらいですので台湾としては高いと思います。
<マックの漢字が香港と違う気が・・・、メニューはほぼ同じ>
Cimg4391
Cimg4385
<台北車站の地下街にあるミスド>
Cimg4392

ホテルに戻り、フロントで今日は故宮はやっているのかと訊ねると電話をしてくれて今日も休みということ、仕方ないので部屋にあがり今日のスケジュールを検討しました。
外は、さっきよりも雨も風も強くなって昨日のようにずぶ濡れになって歩き回るのは避けたいと考えました。ガイドブックやネットで色々調べると太平洋崇光百貨店(デパートのそごう)が色々あって駅から近いということで少し休んで出かけました。

MRTで台北車站から忠考復興站へ、忠考復興站からは地下を通じて店内に入れました。とりあえずSOGO本館の方へ、途中靴擦れで皮がめくれてしまい地下のスーパーでバンドエイドを買ってその場でかかとに貼りました。その後、再度妻が好きなスーパーめぐりです。少し買い物をして次は同じフロアにある奇華餅家へ、このお店は台北ナビでも一番美味しいパイナップルケーキがあるということで、お土産用に購入しようと思っていました。値段は1個30元ですので日本円で約100円です。ちょっと高いかもと思いながらも美味しいなら仕方ないということで全部で27個も買ってしまいました。これが結構重い。
<奇華餅家>
Cimg4411

お昼時になったので、地下を通って交差点の反対側の新館に向かいました。ここのB2には有名な鼎泰豊があります。お店の前についてびっくり1時だというのにすごい人だかり、というか新館がすごい人だかりです。どうやら停班停課(台北市は停班停課、会社も学校も休み)でみんなが雨風の影響のないデパートに遊びに来ているようです。それにしても鼎泰豊は地元でも人気が高いんですね。
<すごい人ごみの鼎泰豊>
Cimg4428

とりあえず、入口で80分待ちと言われましたが、順番の書かれた伝票をもらい、B3のCITY SUPERへ。このスーパーは、ウェルカムと同じよう香港にもあります。すこし高級なスーパーというところでしょうか。台湾のスーパーを回っていると、結構試食をやっているので色々食べたり飲んだりできて楽しいです。スーパーを回って少し疲れたので生ジュースを飲んで一休み。
<鼎泰豊の伝票、右上の108番が順番、待っている間に食べたいもの記入しておくと早く食べられます>
Cimg4427
<待ち時間の暇つぶしに回ったCITY SUPER>
Cimg4431
<まだ、時間があるので飲んでた生ジュース>
Cimg4437

本当に80分後、電光板に自分の番号が表示され案内されました。鼎泰豊では、小籠包、粽肉焼売、蝦肉蒸餃、紅焼牛麺を注文しました。小籠包は美味しいです。粽肉焼売はちまきのシュウマイですがもち米が入っていて食べ応えがあります、味は普通ですね。蝦肉蒸餃は美味しいです。紅焼牛麺は、コクがないといういうかダシが効いていないというか今ひとつです。台湾の麺類はどうも物足りません。でも全体的には鼎泰豊は食べられます。でも京鼎楼の方が良いですね。
<鼎泰豊の料理>
Cimg4447
Cimg4449
Cimg4445
Cimg4448
Cimg4450

遅い昼食後、MRTでまっすぐにホテルに戻り、少し休憩。居眠りしていると妻が、すぐ近くの新光三越に出かけるといって一人で行ってしまいました。しばらくすると良くわからないドリンクを買って帰ってきました。その後、タクシーでマッサージへ。
昨日のマッサージがとてもよかったので、昨日と同じ中山の昇祐堂健康館に行き、妻は足裏(足湯付)70分1000元、自分は全身60分1000元コースをしました。やっぱりここのマッサージは上手いです。日本や香港よりも良いです。今回はしっかり台北ナビのチラシについている10%offのクーポンを使いました。

その後、タクシーに乗って本日の夕食のレストランへ。台北最後の晩餐は竹家荘です。ここでは、椒鹽賴尿蝦(大きなとげしゃこの塩コショウ焼き)、エビ蒸し、イカとエビのフライを注文しました。しゃこの塩コショウ焼きは、前回の香港ツアーの竹園海鮮飯店で食べたしゃこのガーリック揚げが美味しく、ここのしゃこも美味しいという情報から注文しました。食べてみて最高です。今回の台北ツアーで一番と行って良いでしょう。香港のガーリック揚げと同じくらいです。エビ蒸しも美味しいです。イカとエビのフライもそこそこいけます。
これにビール一本を入れて2400元はかなり高いです。ちなみに、しゃことエビ蒸しは時価です。しゃこは注文するときに何匹と聞かれます。今回は2匹頼みました、注文後、水槽からしゃこを二匹網ですくって重さを確認していたので時価&重さの値段のようです。やっぱり美味しいものは高いということなんでしょうか。
<竹家荘、お店の看板と料理>
Cimg4491
Cimg4497
Cimg4496
Cimg4500
ちょっと気になったのは店の対応です。昼に行った鼎泰豊はとても対応がよく気持ちよく食事ができましたが、この竹家荘は店員の愛想が悪いうえ、たまたま席から見えた厨房でコックがタバコを吸っていました。客席が禁煙なのに厨房でタバコを吸っているなんてありえないでしょう。味はよいですが気分的にはあまり行きたくない雰囲気の店です。

食後タクシーでホテルに戻りました。すでに風は止んで雨もほとんど降っていません。この分なら明日の帰国の飛行機はきっと飛んでくれるでしょう。
これからブログをアップして帰り支度をします。お疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

台北食い倒れツアー(二日目)

  9月28日(二日目)
最悪の状況です。台風が台湾に直撃しそうです。朝からすごい雨と風です。ローカルニュースを観ていると今年最強の台風が向かっているとのこと、すでに台北は暴風域に入っているようです。とりあえずし朝食を取ってから作戦を考えようとビュッフェに行きました。
<ホテルの部屋から見た台北車站、ひどい天気です>
Cimg4299_2
<その後行くことはなかったホテルのビュッフェ>
Cimg4297

元々、宿泊についていた朝食です、期待もしないで食べましたが、予想通り、明日からは食べるのは止めようと思いました。
朝食を食べていると隣に日本人の年配のご夫婦が座りました。妻が話しかけると、なんと台湾は5回目のつわものでした。「今日は故宮に行きたかったんですよ」と話すと、タクシーで行けば建物の前まで行けるので濡れずにいけますよということ、ということで早速支度をしてタクシーに乗り一路故宮へ、30分くらいで故宮に到着、唖然、閉まってました。先に調べておくべきでした。仕方ないのでそのまま台北101に向かいました。
<タクシーに乗って故宮に向かう途中、すごい雨です>
Cimg4300

台北101のセブンイレブンでコーヒーを買ってフードコートで一休み、その後地下をぶらりとして、昼時になったのでタクシーで京鼎楼へ向かいました。今回はフードコートで携帯からお店に電話をかけ、営業しているか確認してから行きました。こんなときに海外でも使える携帯電話を持っていると便利です。P906iに買い替えておいて正解でした。その後も行き先はすべて電話してから行きました。
<台北101のスーパー、このあと警備員に写真を撮っているのを注意されました>
Cimg4310

京鼎楼では小籠包、蝦仁炒飯、豆苗菜を注文、どれもとても美味しいです。特に小籠包は絶品です。日本人向けの味付けなんでしょうか。ちなみお客さんの90%は日本人でした。でもとても美味しいのでここはお勧めです。
<とにかくおいしかった京鼎楼の料理>
Cimg4322
Cimg4323
Cimg4324

美味しいお昼ご飯を食べたあと、台風の中少し歩いて近くのウェルカム(スーパーマーケット)へ、フードコートに座っていると、台湾人のおじさんが声をかけてきました。日本語が上手です。どうして日本語ができるのかたずねると、昔仕事で日本によく行っていたからということ。今は日本の知人から頼まれると台湾をアテンドする仕事をしているらしい。
<ウェルカム>
Cimg4331

おじさんが「これからどこに行くのか?」と訊ねてきたので、すぐ近くの楽天養生会館でマッサージをする予定というと、もっと近くに良い店を知っている。おじさん曰く「私は二日に一回は通っている」ということ。さらに色々話し込んでいると、そのお勧めのマッサージ屋に一緒に行こうというで、すこし歩いて昇祐堂健康館というところに到着。

足つぼ30分+全身30分(足湯付)1000元コースをやってみました。マッサージ好きの妻が、とても上手いといって満足していました。私もとても気持ちよかったです。値段的には一般的ですが、さすがに現地の人のお勧めの店だけあって満足度は高いです。
<昇祐堂とお店の感じ、明るくて安心できます>
Cimg4333
Cimg4334

ここで、おじさんと別れ、タクシーで西門の小格格靴坊へ、ここは日本のガイドブックやるるぶにも紹介されている有名な靴屋です。ついて見るとびっくり小さいお店です。ちなみに女性ものしかありません。妻が靴を選んでいると、この暴風雨のなか、日本人2組とシンガポール人がやってきました。さすがに有名店ですね。とりあえず妻の靴を2足990元で購入してタクシーでホテルに戻りました。
<小格格靴坊のお店の中、狭いです>
Cimg4342

ホテルに帰ってテレビをみると、台風がついに上陸したということ、確かにそとは見たこともないような暴風雨です。信号機が倒れそうな感じです。とりあえず、少し休憩しました。

夕食まで、少し時間があるので雨に濡れない地下でいけるところを散策しようとまずは台北車站へ、人もまばらです。それもそのはずMRT以外の鉄道はすべて止まっているからです。そんなことはさておき、ここには2階にフードコートがあります。回ってみるとものすごい数のお店があります。食べるものには困りませんね。さて、次に新光三越へ、少し歩くと出口、残念ながら直接地下でつながってはいません。とりあえず地上に上がり雨の中を新光三越へダッシュ、その瞬間気がつきました。なんと新光三越が閉まってました。残念、ずぶ濡れになっただけでした。仕方なく一旦ホテルへ。

このままでは夕食にもありつけないのではと思い、色々なお店に電話していたら度小月が開いていました。すぐにタクシーに乗り度小月へ向かいました。さすがに道はすいているのですぐに到着、ここでは担仔麺+煮玉子、黄金蝦捲、肉燥飯、からすみ、ビールを注文、担仔麺は香草がきつくちょっとだめです。黄金蝦捲は美味しいです。ここは担仔麺が有名ですがちょっとがっかり、私の口にあいませんでした。
<いまひとつの度小月の料理>
Cimg4366
Cimg4367
Cimg4364_2
Cimg4365
Cimg4363
Cimg4368_2

帰りは、タクシーが通らないような裏路地なので、MRT忠考敦化の駅まで2分ほどあるいてMRTで台北車站へ、やっとホテルに戻りました。今日は、本当に何度ずぶ濡れになったことか、明日は天気が良くなることを期待します。
<MRT忠考敦化、台風で閑散としています>
Cimg4373_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台北食い倒れツアー(一日目)

9月27日(一日目)
飛行機は13時45分成田発のJAL645便、いつも通り早めの11時に成田空港に到着、早速チェックイン、通常は機械で操作しますが、レクサスカードの特典の国際線アップグレードクーポンを提示してアップグレードを試みました。あえなく玉砕、さすがに格安航空券ではアップグレードできないようです。
とりあえず、荷物をあずけ、eチケットから紙のチケットに変えてもらい、セキュリティーと出国審査を抜けました。そしてすぐJALのサクララウンジへ。

サクララウンジの入り口はファーストクラスラウンジと同じで入ってすぐのカウンターで左右に分かれます。とりあえずカウンターでエコノミーチケットとレクサスクーポンを叩きつけ(差しだし)ました。航空券は機械に通され返されます。「いつもご利用ありがとうございます。ごゆっくりどうぞ」という受付の言葉にも心の中で「JALに乗ることは滅多に無いです」とお思いながらラウンジへ向かいました。
<サクララウンジの一部です。かなり広いです>
Cimg4094

ちょうどお腹も空いてきたので上のダイニングで評判のビーフカレー、Soup Stock Tokyoの冷たいスープ、サラダなどをいただき、生ビールでキュッ、至福のときです。噂通りビーフカレーは旨いです。高級ホテル並みですね。自分でよそうのでビーフをたくさん取ってしまいました。
<ビーフカレーと生ビール>
Cimg4100
お腹がいっぱいになったところで、下の階に降り、無線LANをPCとipodで繋げてみました。両方とも問題なく接続できます。とりあえずipodは切っておいて、PCでこのブログの下書き、そしてロケフリでたまっているビデオを2本見ました。やっぱりラウンジが使えるのは最高ですね。これだけでも解約したレクサスカードの恩恵にあずかれた気持ちです。
<UMPCとipod>
Cimg4111

いよいよ出発時間になり、搭乗、飛行機の中では、ipodでビデオから変換したドラマを見たり、音楽を聴きながらブログの下書き。そんな中、機内食が出ましたが、お腹いっぱいでほとんど食べられず、ただし、日本発の飛行機なのでまずくはありませんでした。約3時間15分のフライトで台北、桃園空港に着陸しました。
<機内食>
Cimg4133

入国審査を抜け、荷物を取り、すぐの銀行で両替(レートは0.2946)し、リムジンバス乗り場へ。國光汽車のブースで台北車站の往復チケットを230元で購入し、すぐ外の61番の乗り場で少し待ちました。時刻表はありませんが15分間隔で運行しています。
バスが来るとスタッフが近寄って来て、チケットをもぎり、荷物にクレームタグをつけ、控えを渡してくれます。その後自分でバスの横のトランクに荷物を入れてバスに乗り込みました。バスの座席は1+2列でゆったりとしたシートです。バスは、第一ターミナルでも人を乗せ、台北方面へ向かいました。結局、台北車站へ着いたのは一時間後の18時でした。
<リムジンバスのチケット売り場>
Cimg4159
<台北車站のバス乗り場>
Cimg4162

台北車站からは天成大飯店(コスモスホテル)まで歩いて3分、バスを降りたところから見えてました。チェックインの時にインターネットの24時間チケットを購入し、併せてケーブルも借り、部屋へ向かいました。とりあえず荷物をおいてすぐに出かけます。
<コスモスホテルの部屋の感じです>
Cimg4180
Cimg4181
Cimg4182

ホテルのすぐ横にあるMRTの入り口から入り、20元のチケットを買って中山站へ。今日の夕食は新葡苑というお店です。東蘇杭東玻肉360元、絲瓜蝦仁湯包180元、ジャスミン茶80元を注文しました。全体的には薄めの味付けで、高級店の味という感じです。どれも合格点と言えます。
<東蘇杭東玻肉と絲瓜蝦仁湯包>
Cimg4209
Cimg4208

すでにこの時点でお腹がいっぱいですが、さらにMRT中山站から剣潭站へ士林夜市を目指します。8時なのにすごい人の数、さらに雨も・・・、大東路を少し歩くと青蛙の屋台があり早速、愛玉氷を買いました。さらに途中で右折し、文林路に抜ける直前で上海生煎包を発見、肉包を1個買いました。文林路を少し歩くと安平街の看板を発見、はっきり言って見逃します。安平街は道幅2mも無いような裏道のようなところです。50mくらい進むと左側にありました辛發亭です。
<やっと見つけた辛發亭>
Cimg4249
ここのカキ氷が有名ということです。お店も結構混んでます。とりあえず席に座って注文しようとしてもうまく通じない。なぜ? やっとわかったのが注文したときにお金をその場で払うシステムでした。マンゴーとコーヒーのカキ氷を頼みましたが、とても食べきれず。どうしようかと思っていたら、入り口の上に積まれているカップを発見。妻が筆談で「帯走可?」と書いたら通じたようで、残ったカキ氷をカップに入れてくれました。
<マンゴーとコーヒーのカキ氷>
Cimg4253
Cimg4254 

とりあえずお店を後にし、駅の方へ。士林夜市のメインである美食広場を覗いてみます。309番の屋台でカキのオムレツを頼みましたが、今ひとつ。口直しに近くのジュース屋台で生ジュースを買って飲みながら駅へ。MRTで台北車站へ戻り、セブンイレブンで水を買ってホテルへ戻りました。今日はこれでおしまい。
<カキのオムレツと屋台、屋台といっても美食広場は建物の中にあります>
Cimg4268
Cimg4264
<ジュース屋台>
Cimg4282 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

台北食い倒れツアー(準備編)

9月27日 8月末に台湾に旅行をしようと思い立ちました。それは4月の香港食い倒れツアーが思いのほか良かったため、同じように食通に人気の台湾を攻めようと、計画を立て始めました。

まずは航空券の確保、前回の香港では溜まったマイルで無料チケットをゲットできましたが、今回はマイルもなく、とにかく安いチケットを探しました。
探している途中でふと、そういえば解約したレクサスカードの特典についてくるJALクリスタルカードのラウンジクーポンが2枚あるので、それを使おうということでJAL便の安チケットを探しました。ちなみに、ラウンジクーポンはJAL以外の航空会社のチケットでは利用できないので注意が必要。ようはJALに乗れってことです。
<ラウンジクーポン、レクサスカードの特典です。>
Img
最近はサーチャージで航空券の値段が思ったより高い状態です。そんな中、もっとも安いチケットを発見、HOTEL CLUBという、一般的には世界中のホテルを予約できる会社です。
サーチャージ、手数料込みの往復チケットが一人415.6USD、日本の代理店ではないので予約したあとのメールはすべて英語になりますが、そこを我慢すれば安いチケットがゲットできます。チケットはEチケットで予約番号を送られてくるだけです。ちょっと心配になり、JALに電話して予約が取れているか確認すると、予約は取れていますが席が2人でバラバラで取られているということ。確かに予約時にシートリクエストを通路側としたが2席とも通路側で離れた席にはしないのがふつうでしょうと思いながら、JALに頼んだら席を隣に変更してくれました。

次にホテルの予約、最初に色々とネットで調べて、台北市内の交通の便が良いホテルを探しました。そんな中、台北駅のすぐ近くのコスモスホテルが、値段も評判もよく、ここに決めました。
今度はいかに安く泊まれる方法を探すかです。世界中のホテルを予約できるサイトは幾つかあります、例えば航空券を購入したHOTEL CLUBもそのひとつです。直接そのホテルにインターネット予約をするという手もありますが、よほどのディスカウントがないと直接予約が安いということはないでしょう。また、ホテル予約サイトも場合によっては空きがないとか、要確認などすぐに予約できないこともあります。結局、今回は台北ナビというサイトでホテルを予約しました。一泊朝食込み¥10,700(ルームチャージ)はかなりお得です。

これで航空券とホテルは予約完了です。後は他に持っていくものを揃えます。と、ここで先日購入した、ASUSのEee PC901-Xの登場です。前回の香港旅行では重いVAIOを持っていって苦労しましたので、今回はコンパクト&軽いというメリットが活かせます。
さらにこのPCにロケフリのPC用ソフトをインストールします。しかし、このソフトというかロケフリはうまい仕組みになっていて、ひとつのソフトでは一台のPCにしか使用できないようになっています。無理に別のPCにインストールすると、ロケフリ本体に認識させるタイミングですでにこのソフトのシリアルを使用しているPCが存在しますと警告がでます。さらに強行して認識させようとすると、現在使用しているPCで使用できなるという警告がでます。
ということで、あきらめソニーのサイトから¥1,980でダウンロードしてこのPCにインストールしました。

旅行は十分に下調べをしないと色々お得な情報を逃してしまいます。今回は妻が台湾観光協会が台湾旅行者に記念品をプレゼントするという企画があり、FAXを送り、記念品引換券をゲットしました。
<引換券>
Img_0001

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月21日 (日)

午後のケーキ ナチュール(La nature)

9月21日 お彼岸だというのに、牡丹餅ではなくケーキを食べました。最近まで放映していたアニメの「アンティーク」という番組では、ケーキ屋が舞台ということで、これを観るたびにケーキが食べたくなりました。

最近はずっとハルヨコヤマのケーキを食べていましたが、それ以前はこのナチュールというお店のケーキばかり食べていました。ここのケーキの特徴は、シンプルで甘くない、最近のケーキには珍しいタイプのケーキ屋です。特に甘さは、これまで食べたケーキの中でもっとも甘くないと、はっきり言えるくらいです。大人向けといことでしょうか。

今日は、品数があるうちにお店にいこうと出かけ、開店時間ちょうどの11時に到着しました。しかし、すでに先客が2組いました。相変わらずの人気店です。

<バナナプリン、食べるとプリン?と思えるくらい変わった食感です>
Cimg4073

<イチジクのショートケーキ、中間層にもイチジクが入っています>
Cimg4077

<レアチーズ、一番のお気に入りです>
Cimg4074

<ミルクレープ、しっとりとした薄い生地の間に甘くないクリーム>
Cimg4080

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

NEW LEXUS IS 試乗

9月13日 マイナーチェンジしたISの試乗に行ってきました。今日試乗したのはIS350 versionS。これ以外にIS250 versionLの試乗車と、展示車2台、合わせて4台のNEW ISがお店にはあることになります。

マイナーチェンジでは、細かい部分が変更になっています。内容は割愛して、試乗して気がついたことを書いておきます。

・ドアミラーが小さくなりました、という普通のサイズになったといったほうがよいでしょう。前のドアミラーはRV車並に大きかったですから。
・エンジンのフィーリングが前よりよくなったような気がします。エンジンサウンドも太くなった気がします。いい音です。
・ミッションの変速ショックが低減しています。特に1速から2速が滑らかになりました。
・Dレンジでパドルシフトが使えるのは便利です。エンジンブレーキがよく利きます。
・versionSの足回りが前よりマイルドになった感じがします。このくらいなら18インチでもよいかもしれません。

今日も、試乗の間に洗車をしてもらい、お土産のバックをもらって帰りました。

<オリジナルスポーティーバック、思ったより大きいです>
Cimg4069

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

Eee PC901-X 購入

9月8日 昨日購入したASUSのEee PC901-Xが届きました。価格.comの最安値\51,700でポチってしまいました。熟考したうえの衝動買い?だったような気がします・・・。

現在、うちにはデスクトップDELL Inspiron531(メインユーザー自分)とノートSONY VAIOVGN-S94S(メインユーザー妻)があります。出かける時のモバイルとしてはこのVAIOのTYPE-Sを持ち歩いていますが、重さが約2kgでモバイルにはぎりぎり重いのと13.3インチのモニタで結構大きいということを感じていました。特に前回の香港旅行のときは・・・。

そんなこともあり、もう少し軽いノートを購入しようと画策をしていました、現在のVAIO TYPE-Sを買い替えTYPE-Zにと。しかし残念ながら妻はこのTYPE-Sが気に入っているので使い続けるということで、逆提案として最近流行のウルトラモバイルを勧められました。

ということで、ウルトラモバイルを色々調べていて、最終的にバッテリーの持ちが8.3時間ともっとも長いEee PC901-Xに決めました。HDDではないので保存容量が少ないですが、モバイルのメインはインターネットとメール、少しの文章が打てればよいのでこれで十分と判断しました。

とりあえず届いたのですぐにXPのセットアップ、無線LANの設定、メールの設定をしました。キーは慣れないせいか少し打ちづらいです。手の感覚が普通のキーボードになっているので。8.9インチの画面は小さいですが特に見づらいこともなく納得、大きさはTYPE-Sに比べるとかなり小さくかわいい感じです。ACアダプタも色が白でコンパクトでいい感じです。ちなみに他の付属品として、白のUSB光学マウス、本体を入れるソフトケース(これは黒色)、画面を拭くため布も付いています。

これからはこのEee PC901-Xがモバイルのメインとして活躍しそうです。

Cimg4067

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

レクサステディベア3周年記念バージョン

9月5日 今日宅急便でMyDの担当SCより3周年記念バージョンのテディベアが送られてきました。以前より、担当SCにはクマを集めていますとお願いしておいたかいがありました。今回のクマは別ピースでバラの花束が付いている豪華バージョンです。これで6匹目のクマです。まったくレクサスは最高です!

<レクサステディベア3周年記念バージョン>
Cimg4064

<6匹のクマたち>
Cimg4065_2
左から、2007冬、2007夏、2006冬、2008バレンタイン、2008夏、2008三周年記念

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »