« 台北食い倒れツアー(三日目) | トップページ | 台北食い倒れツアー(振り返り) »

2008年9月30日 (火)

台北食い倒れツアー(四日目帰国)

9月30日(四日目)
今日は帰国の日です。朝仕度をして7時にチェックアウト。隣のパン屋で朝食を買おうと覗いていみると、まだ準備中。昨日営業開始時間が7時だと確認しておいたのに開いていないなんて、適当なんですね。こんなところでパン屋が開くの待っていても仕方ないので、國光汽車のバスターミナルへ向かいました。ホテルからは歩いて5分ほど、雨も上がっていて良かったです。
<バスターミナルへ向かう道>
Cimg4512

バスターミナルの入口でタクシーの運ちゃんが空港までならタクシーが早いよと声をかけてきましたが、チケット持っているからというと、空港行きの乗り場はあちらだよと教えてくれました。すでに空港行きのバスは止まっていて、ゲートで復路のチケットをもぎってもらい、クレームタグを貼ってもらい半券を受け取り、自分でバスの横のトランクへ荷物を積みます。トランクには第二ターミナルとか第一ターミナルと書いている二箇所がありますが、結局どちらもあけてもらいますのでどちらいにいれても同じです。荷物を積み乗り込むと結構人が乗っていました。5分ほどでほぼ満席になってすぐに出発しました。

さすがに台北のど真ん中だけあってこの時間は道が混んでいます。途中で一人だけ乗せて、あとは空港までノンストップです。まずは第一ターミナルで停車し、その後に第二ターミナルの終点になります。台北車站から約50分くらいでした。まあ、ここまでは予定通りです。バスを降りて3階の出国ロビーへ。

PDPの案内板でチェックインカウンターを確認し、そちらに向かうと長蛇の列。昨日、一昨日とフライトがキャンセルになっているため多分フルだと思います。とりあえず列の最後尾に並びました。すぐ後ろにはJTBスタッフと4人の日本人がつきました。会話を聞いていると、どうやら昨日帰国予定だったらいしいです。今日飛行機が飛んでくれて本当によかったです。約30分後無事にチェックインが終了し、4階のフードコートへ。
<PDPの案内板>
2
<混み合うJALのカウンター>
Cimg4533

フードコートには大したお店はありませんが、何か食べようとバーガーキングへ。久しぶりに食べるワッパーはおいしくなったです。もったいないですが食べ残し、出国ゲートへ。
<バーガーキング、日本から撤退するのもわかります・・・>
Cimg4539

セキュリティー、出国審査とも空いていてすんなり通過しました。そして、準備編で紹介した記念品をお店で交換して登場ゲートへ。すでに搭乗時間の5分前、ゲート近くに行って座っていると搭乗の時間になりました。いつも通りビジネスクラスや子連れのお客さんから搭乗になります。しかし、アナウンスではクリスタルカードの方とも言っている。そこで係員にクリスタルカードを見せて妻とともに優先搭乗できました。(本来はカードを持っている本人だけのはず)
<記念品はこの中から選べます>
Cimg4543

飛行機は定刻に出発しました。機内食は思ったよりまずくはなかったです。
<帰りの機内食>
Cimg4557

JALはアルコールが無料なんですね。思わずエビスビールをいただきました。すこし揺れましたが映画(インディージョーンズ)を観ていたら眠るまもなく成田に到着しました。ここでも雨です。ずっと太陽を見ていません・・・。3泊4日の台北旅行お疲れ様でした。

|

« 台北食い倒れツアー(三日目) | トップページ | 台北食い倒れツアー(振り返り) »

07:台湾旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台北食い倒れツアー(四日目帰国):

« 台北食い倒れツアー(三日目) | トップページ | 台北食い倒れツアー(振り返り) »