« 台北食い倒れツアー(一日目) | トップページ | 台北食い倒れツアー(三日目) »

2008年9月28日 (日)

台北食い倒れツアー(二日目)

  9月28日(二日目)
最悪の状況です。台風が台湾に直撃しそうです。朝からすごい雨と風です。ローカルニュースを観ていると今年最強の台風が向かっているとのこと、すでに台北は暴風域に入っているようです。とりあえずし朝食を取ってから作戦を考えようとビュッフェに行きました。
<ホテルの部屋から見た台北車站、ひどい天気です>
Cimg4299_2
<その後行くことはなかったホテルのビュッフェ>
Cimg4297

元々、宿泊についていた朝食です、期待もしないで食べましたが、予想通り、明日からは食べるのは止めようと思いました。
朝食を食べていると隣に日本人の年配のご夫婦が座りました。妻が話しかけると、なんと台湾は5回目のつわものでした。「今日は故宮に行きたかったんですよ」と話すと、タクシーで行けば建物の前まで行けるので濡れずにいけますよということ、ということで早速支度をしてタクシーに乗り一路故宮へ、30分くらいで故宮に到着、唖然、閉まってました。先に調べておくべきでした。仕方ないのでそのまま台北101に向かいました。
<タクシーに乗って故宮に向かう途中、すごい雨です>
Cimg4300

台北101のセブンイレブンでコーヒーを買ってフードコートで一休み、その後地下をぶらりとして、昼時になったのでタクシーで京鼎楼へ向かいました。今回はフードコートで携帯からお店に電話をかけ、営業しているか確認してから行きました。こんなときに海外でも使える携帯電話を持っていると便利です。P906iに買い替えておいて正解でした。その後も行き先はすべて電話してから行きました。
<台北101のスーパー、このあと警備員に写真を撮っているのを注意されました>
Cimg4310

京鼎楼では小籠包、蝦仁炒飯、豆苗菜を注文、どれもとても美味しいです。特に小籠包は絶品です。日本人向けの味付けなんでしょうか。ちなみお客さんの90%は日本人でした。でもとても美味しいのでここはお勧めです。
<とにかくおいしかった京鼎楼の料理>
Cimg4322
Cimg4323
Cimg4324

美味しいお昼ご飯を食べたあと、台風の中少し歩いて近くのウェルカム(スーパーマーケット)へ、フードコートに座っていると、台湾人のおじさんが声をかけてきました。日本語が上手です。どうして日本語ができるのかたずねると、昔仕事で日本によく行っていたからということ。今は日本の知人から頼まれると台湾をアテンドする仕事をしているらしい。
<ウェルカム>
Cimg4331

おじさんが「これからどこに行くのか?」と訊ねてきたので、すぐ近くの楽天養生会館でマッサージをする予定というと、もっと近くに良い店を知っている。おじさん曰く「私は二日に一回は通っている」ということ。さらに色々話し込んでいると、そのお勧めのマッサージ屋に一緒に行こうというで、すこし歩いて昇祐堂健康館というところに到着。

足つぼ30分+全身30分(足湯付)1000元コースをやってみました。マッサージ好きの妻が、とても上手いといって満足していました。私もとても気持ちよかったです。値段的には一般的ですが、さすがに現地の人のお勧めの店だけあって満足度は高いです。
<昇祐堂とお店の感じ、明るくて安心できます>
Cimg4333
Cimg4334

ここで、おじさんと別れ、タクシーで西門の小格格靴坊へ、ここは日本のガイドブックやるるぶにも紹介されている有名な靴屋です。ついて見るとびっくり小さいお店です。ちなみに女性ものしかありません。妻が靴を選んでいると、この暴風雨のなか、日本人2組とシンガポール人がやってきました。さすがに有名店ですね。とりあえず妻の靴を2足990元で購入してタクシーでホテルに戻りました。
<小格格靴坊のお店の中、狭いです>
Cimg4342

ホテルに帰ってテレビをみると、台風がついに上陸したということ、確かにそとは見たこともないような暴風雨です。信号機が倒れそうな感じです。とりあえず、少し休憩しました。

夕食まで、少し時間があるので雨に濡れない地下でいけるところを散策しようとまずは台北車站へ、人もまばらです。それもそのはずMRT以外の鉄道はすべて止まっているからです。そんなことはさておき、ここには2階にフードコートがあります。回ってみるとものすごい数のお店があります。食べるものには困りませんね。さて、次に新光三越へ、少し歩くと出口、残念ながら直接地下でつながってはいません。とりあえず地上に上がり雨の中を新光三越へダッシュ、その瞬間気がつきました。なんと新光三越が閉まってました。残念、ずぶ濡れになっただけでした。仕方なく一旦ホテルへ。

このままでは夕食にもありつけないのではと思い、色々なお店に電話していたら度小月が開いていました。すぐにタクシーに乗り度小月へ向かいました。さすがに道はすいているのですぐに到着、ここでは担仔麺+煮玉子、黄金蝦捲、肉燥飯、からすみ、ビールを注文、担仔麺は香草がきつくちょっとだめです。黄金蝦捲は美味しいです。ここは担仔麺が有名ですがちょっとがっかり、私の口にあいませんでした。
<いまひとつの度小月の料理>
Cimg4366
Cimg4367
Cimg4364_2
Cimg4365
Cimg4363
Cimg4368_2

帰りは、タクシーが通らないような裏路地なので、MRT忠考敦化の駅まで2分ほどあるいてMRTで台北車站へ、やっとホテルに戻りました。今日は、本当に何度ずぶ濡れになったことか、明日は天気が良くなることを期待します。
<MRT忠考敦化、台風で閑散としています>
Cimg4373_2

|

« 台北食い倒れツアー(一日目) | トップページ | 台北食い倒れツアー(三日目) »

07:台湾旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台北食い倒れツアー(二日目):

« 台北食い倒れツアー(一日目) | トップページ | 台北食い倒れツアー(三日目) »