« 香港冬の甘味ツアー2010年1月(準備編) | トップページ | 香港冬の甘味ツアー2010年1月(2日目) »

2010年1月10日 (日)

香港冬の甘味ツアー2010年1月(1日目)

1月8日 1日目

久しぶりに午前便での出発です。
朝が早いのがつらいです。特に冬は寒いです。
8時過ぎに成田空港へ到着しました。

チェックインですが、JALのCLUB-Aカードに加入したのでビジネスクラスの
カウンターでチェックインできます。とは言ってもネットでe-チケットを購入すると
自動でチェックインされていますので、カウンターの前の機械で紙のチケットを
発券して、カウンターで荷物を預けるだけです。
でも、ビジネスクラスのカウンターはガラガラで空いていますので楽です。

正月明けのせいか、セキュリティも出国もガラガラでした。
すぐに通過して久しぶりにデューティーフリーへ向かいました。
JALカードで10%OFFになるお店もあります。

買い物も済ませ66番ゲートへ、ちなみに一番端です。
出発の一時間前ですが特にすることもないのでゲート付近でネットを見ていました。

出発の25分前に優先搭乗が始まります。

機内はほぼ満席です。やはり午前便は人気があるようです。
しばらくして映画「THIS  IS  IT」を見ました。映画というよりもドキュメンタリーというか
メイキングという感じのないようですが、このコンサート(実際には行われず)の演出の
ないようなど、すごい内容です。久しぶりのマイケルジャクソンの踊りの切れや歌唱力は
とても50歳とは思えないほどです。このコンサートが完成しなかったのは本当に残念です。
マイケルを知っている人は見ても損はない内容だと思います。

食事のサービスが始まりました。メニューはハヤシライスかシーフードカレーです。
妻はスペシャルミールのフルーツミールです。
P1020916 P1020915
シーフードカレーは結構美味しいです。妻のフルーツもマスクメロンが入っているなど
台湾線とは違い格段にレベルが高いです。
もうすぐ事実上倒産してしまうJALがこれらのサービスを維持してくれることを祈ります。
ちなみに、アルコールの無料サービスはやめた方がいいと思います。たくさん飲んでる人を
見かけました。自分もエビスを飲みましたが・・・。

飛行機は強い向かい風の影響で少し遅れましたが揺れもなく無事に香港国際空港に着陸
しました。飛行機を降りて入国審査に向かいますが、今回はさらに奥にある「e-道」の
登録場所へ向かいます。(ちょっとわかりにくい場所ですが)
すでに先客がいて5分ほど待たされ、さらに登録に一人5分ほどかかりました。
登録が済んで、すぐにe-道へ向かい(本当は5分待つ)入国しました。
人を介さない入国は初めてでとても驚きます。世の中便利になったとつくづく感じました。

そのご、荷物を取って税関を抜けてます。
ここで、いつものエアポートエクスプレストラベルパス(エクスプレス往復とMRT3日乗り放題)
を$300で購入し、許留山で一服。士多啤梨汁(イチゴジュース)

その後、エクスプレスで九龍駅へ。すぐにタクシーで
尖沙咀のホリデーインへ向かい。チェックイン。

ほぼ4時です。
疲れた体にムチを振るって、すぐに出かけました。
天気はくもり、日本並みに寒いのには驚きました。
香港の真冬は寒いです。

ホテルから5分ほどの歩くと目的の甜蜜蜜です。
「冬の甘味ツアー」のスタートです。
-------------
スフレ
マンゴーアイスの天ぷら
フルーツ盛
-------------
P1020965 P1020966 P1020962
まずは、スフレ。ふわふわですが味が今ひとつ、付属のたれ(蜂蜜レモン?)をかけると
さらにまずい。口直しにアイスを食べるが「なんじゃこりゃ」。毒々しい黄緑のアイスは
抹茶でもメロンでもないソーダ味。とても食べられる味でない・・・。
あまりのショックにマンゴーアイスの天ぷらも頼んでみました。
こちらは、揚げパンの中にマンゴーアイスが入ったようなもので、この揚げた部分の不思議な
食感と、春巻きの皮のぱりぱり感、フルーツの味と微妙に混ざり合って、最終的に良くわからない
食べ物になります。まずくはありませんが、美味しいともいえません。
フルーツ盛の方は亀ゼリーがはいっていていまひとつ。
このお店は失敗でした。

気を取り直し、歩いて漢口道の足藝舎へ。
いつものように全身マッサージ50分を$150にしてもらいました。
P1020970

帰りにWellcomで水を購入し、ホテルに戻りすぐに夕食へ出かけました。
MTRで佐敦へ、いつもの金山海鮮酒家です。
P1020973
今日もお店の前は待ち客で混んでいます。しかし2人だと結構早く通されます。
待つこと10分。
----------------------
 椒鹽瀬尿蝦  2隻
 砵酒焗 桶蠔 6個
 青菜とえびの揚げ物 
 マテ貝 4個
----------------------
P1020982 P1020984 P1020983 P1020985
蝦蛄はちょっと小ぶりでしたがいつも通りの美味しい味です。
そのほかは初めて挑戦するメニューです。実は、これまで何度も金山で食べていますが
その時に他のお客さんが食べているもの(=人気のメニュー)を見て、日本でネットで
調べてから決めてきたものです。どれも人気があるだけに美味しいものでした。
やはり金山ははずせません。

MTRでホテルに戻りました。時刻は20時30分、そのままベットに倒れこんで
寝てしまいました。

お疲れ様でした。

|

« 香港冬の甘味ツアー2010年1月(準備編) | トップページ | 香港冬の甘味ツアー2010年1月(2日目) »

05:香港旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 香港冬の甘味ツアー2010年1月(準備編) | トップページ | 香港冬の甘味ツアー2010年1月(2日目) »