« docomo 料金プラン変更 タイプシンプルバリュー | トップページ | 自転車のパンク »

2011年6月 8日 (水)

docomo の通信料金を安くする方法

昨日は料金プランをタイプシンプルバリューに変更して料金を抑える方法を書きました。

今日はさらにデータ通信の料金を安くする方法を考えます。

タイプシンプルバリューのおさらい(パケホーダイシンプルに同時加入)
特徴1.通話料金は使った分だけかかる
   2.SPモードメール(iモードでも)はすべて無料
   3.データ通信は0円から上限5985円

まとめると、通話をしないでデータ(パケット)通信上限までつかうと7080円です。

ここで、データ通信を安くするポイントです。

1.パケホーダイフラットにする
  データ通信料は5460円固定ですので上限5985円より525円安くなります。
  スマホの場合、すぐに上限までいってしまうので、データ通信を少しでもするというひとは
パケホーダイフラットでもよいと思います。毎月6555円でパケホーダイ、メールホーダイです。

2.EMチャージを利用
  これにはイーモバイルのモバイルルータ(D25HWなど)使ってプリペイドサービスを使います。
 すでにパソコン通信などで持っているひとは初期投資がいりません。
 プリペイドサービスのEMチャージは30日定額で4410円です。
 ただし、速度は7.2Mbpsの場合です。
 私の知る限りHSDPA(ハイスピードダウンリンクパケットアクセス)の料金としては最安です。
 モバイルルータとスマホの2台持ちになりますがdocomoの料金が約1400円と
 イーモバイルの4410円で5810円で済みます。

3.究極-SPモード(プロバイダ)を使用しない
  SPモードメール以外の通信はWi-Fiがあるところだけで使用する。
  場所は限られますが、自宅の無線LANや職場無線LAN(普通は使えないでしょうが)
  さらにはワイヤレスゲートなどの無線LANサービスを利用する方法もあります。
  その場合は2000円程度で済みます。

2と3の組み合わせなどもありますので検討してみてはいかがでしょう?

|

« docomo 料金プラン変更 タイプシンプルバリュー | トップページ | 自転車のパンク »

04:家電・パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: docomo の通信料金を安くする方法:

« docomo 料金プラン変更 タイプシンプルバリュー | トップページ | 自転車のパンク »