« 北海道旅行2011年7月(準備編) | トップページ | 北海道旅行2011年7月(1日目函館後篇-洞爺湖-登別編) »

2011年7月20日 (水)

北海道旅行2011年7月(1日目羽田-函館前編)

すみません。内容が長くなりましたので分割することにします

7
19 

朝、結構早い便です。 

とりあえず順調に羽田空港に到着。 

台風が接近中で、西日本行の便の欠航が沢山あります。 

荷物を預け、セキュリティーを通過、ちなみに今回のJALパックの旅行は 

航空券はチケットレス、レンタカー、ホテルもクーポンなしです。 

何でも簡略化されているんですね。 

とりあえず必要なものは送られてきたe-チケット(往復の航空券の代わり)のみ 

羽田に到着後、すぐに手荷物の預けカウンターへ。 

まだ7時前なのかそんなに混んでいません。 

荷物を預け、e-チケットをかざすだけで終了。 

すぐに、その横のセキュリティへ。 

パソコンも何もかもごっちゃでX線に通せます。 

この辺が国際線と違うところです。 

こちらもすぐに抜け、ラウンジへ。 
Dsc02102

羽田の場合は、ゴールドカード系のラウンジがセキュリティの後にあり、 

搭乗までラウンジで過ごせます。 

この時間のラウンジはかなり混んでいました。 

とりあえず席を見つけ、クロワッサン2個とコーヒーで朝食。 

アルコールは有料なので飲みません・・・というか後で運転もするので・・・。
Dsc02103 Dsc02105 Dsc02106

ネットに繋げてきんくま”ふみこ”の様子をUSTREAMで確認。 

おー、よく寝てる。
Dsc02112

とかやっているうちにとっくに搭乗時間になってました。 

慌ててゲートに行くと誰もいない。 

どうも最後みたい。みんなまじめに早めに搭乗するんですね。(あたりまえですが) 

それでも定刻通りに出発。 

JALが定刻発着ナンバー1なのは、お客さんがまじめだから?と思います。 

さて、飛行機ですが767-300の古い機体です。 

イヤホンが空気で伝えるもので音切れがひどい・・。 

機材変更で国際線仕様の機体を使ったようでJクラスがビジネスクラスのシートでした。 

実際の飛行時間が1時間ですがドリンクのサービスがありました。 

久しぶりのスカイタイムはうまいです。 

途中、少し揺れましたが定刻通りに函館空港に到着。 

荷物を取って目の前のマツダレンタカーのカウンターへ。
Dsc02123

名前を言うだけでOK。レンタカーの説明を受け少し待ちます。 

するとお迎えの車が来て空港敷地のすぐ外の営業所まで送ってくれます。 

Dsc02127

ここで、最後の説明をうけてサイン。免許証のコピーを取られ。 

最後に外に出てレンタルするクルマの外観を一緒に確認します。 

結構擦り傷あります・・・。これで何を確認するのだろうと思いながらも確認のサインをしました。 

Dsc02131

さて、ここからはクルマでの移動になります。 

3日間の相棒のデミオで出発! 

天気も晴れていて涼しい。気持ちがいいので窓を開けて走ります。 

北海道の空気がとてもおいしい! 

最初の目的地は空港近くのトラピスチヌ修道院です。 

わずか5分で到着。呼び込みしているすぐ手前の駐車場300円に駐車。 

確かに修道院に一番近い。もうちょっと先には200円の駐車場がありますが・・。 

トラピスチヌ修道院は、敷地の一部を無料で観覧できるようになっています。 

Dsc02147

資料館みたいなところは修道院の歴史などがわかり興味深いです。 

あまり広くはないのですぐに観終わってしまいました。 

続く

|

« 北海道旅行2011年7月(準備編) | トップページ | 北海道旅行2011年7月(1日目函館後篇-洞爺湖-登別編) »

11:国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道旅行2011年7月(1日目羽田-函館前編):

« 北海道旅行2011年7月(準備編) | トップページ | 北海道旅行2011年7月(1日目函館後篇-洞爺湖-登別編) »