« lenovo G500 ノートパソコン購入 | トップページ | 香港旅行番外編(海外でインターネット・パート2 XPERIA SP購入編) »

2014年1月19日 (日)

香港旅行番外編(海外でインターネット・パート2 機種選択編)

色々と書いていたら時間が経ってしまいました・・・。
2013年12月の香港旅行でスマホを購入しましたので
まずはその経緯から。

8月にGMO(実質はイーモバイル)の2年縛りがおわり
使用していたWi-FiルーターGP02はEMチャージで使用していました。
EMチャージは1日定額630円、今は半額キャンペーンで315円です。

同じ8月からイーモバイルはGP02などの42Mbpsサービスを21Mbpsに落としました。
実質21Mbpsの3G回線を2つ使って2倍の速度を出していたことに無理があったようですね。
LTEに帯域を譲るため3Gサービスは縮小してきました。

実際にGP02の21Mbpsサービスでデータ通信と
スマホのELUGA X(P-02E)のLTE回線でテザリングして
データ通信するのを比べると、LTEの方が明らかに速いです。
時代はすでにLTEになっている・・・。

ということでWi-FiルーターGP02の3Gを卒業してLTEのデータ通信に
移行したいと思うようになりました。

普通は、ELUGA X(P-02E)でテザリングしてデータ通信すればよいと考えますが
ここに罠があります。

docomoの機種はsimロック解除してもらっても他社のsimを入れると
テザリングできないようになっています。
つまり、docomoのモデルでsimフリーに解除してもらっても
海外や他社のsimカードでは、スマホ本体の通話や通信はできても
本体をルーターとして使用できないということです。

そうなると、海外でLTEルーターとして使えるものはないかと考えます。

1.docomoのLTEルーターを購入してsimロック解除する
  白ロムのdocomoLTEルーターは存在しますが
  ・simロック解除に3150円
  ・さらに、ルーターをショップに預けないといけない
  ・それなりの電池容量のルーターは2万円以上
2.simフリーのLTEルーターを購入する
  ・種類が少ない
  ・2万円以上
3.simフリーでテザリングできるLTEスマホを購入する
  ・種類は多い
  ・LTEスマホ自体の値段がかなり高い

3のsimフリーでテザリングできるLTEスマホを色々探していると
日本でも3万円くらいのものがあるとわかりました。

これまではWi-Fiルーターの設定には手を焼いていました。
Wi-Fiルーター本体で設定できないので、PCなりスマホなどを
繋がないといけません。
その点、スマホをテザリングしてWi-Fiルーターの代わりにすれば
APN設定などは本体でできます。
当たり前ですがスマホとしてもそのまま使えます。

2万円でWi-Fiルーターか3万円でスマホかというということで
やっぱりスマホかなー。

ということで日本で3万円ならば香港でもう少し安く買えるのではと期待して
香港に向かいました。

つづく

エクスパンシス

|

« lenovo G500 ノートパソコン購入 | トップページ | 香港旅行番外編(海外でインターネット・パート2 XPERIA SP購入編) »

04:家電・パソコン」カテゴリの記事

05:香港旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« lenovo G500 ノートパソコン購入 | トップページ | 香港旅行番外編(海外でインターネット・パート2 XPERIA SP購入編) »