« MVNOの音声通話機能付きSIMカードに移行して料金は下がるのか | トップページ | マイラー2014年前半決算 »

2014年8月 5日 (火)

MVNOの音声通話機能付きSIMカードのメリットとデメリット

<メリット>
月々の料金が安くなるメリットは大きいです。
大手キャリアより4000~5000円くらいは安くなります。

<デメリット>
・キャリアのサービスは使えない
  ドコモクラウド、ドコモ電話帳(元々使っていない自分は影響ないですが)

・キャリアメールが使えない
これは影響があります。キャリアメールが使えないのでフリーのgmailを使いますが
相手の携帯がフリーメールの着信拒否をしている場合がある。(迷惑メール対策)
また、最近はセキュリティの本人確認で携帯にメールを送ることがあります。
下手なサイトは携帯のキャリアメールでないと送れないという設定だったりします。
最近はLINEを使っているのでメールを使用することが少なく、実影響は少ないとも
いえます。

・家族間無料通話がない
ドコモなどのキャリアは基本的に家族間での通話は無料です。
MVNOではこのサービスは一切ありません。
家族同士で通話が多い人は影響が大きいです。
LINEの無料通話を使うという手もありますが、
クルマのハンズフリーで発信着信ができません(スマホ本体での操作では可能)
通話だけはハンズフリーでも可能です。

自分の場合は楽天でんわに加入して30秒10円(税別)で電話を使っています。
これで月に1時間通話しても1200円ですからまだまだ料金はお得です。

自分がどういう使い方をするかによってデメリットの影響は変わってきます。

MVNOにする場合は十分に影響を考えましょう。

|

« MVNOの音声通話機能付きSIMカードに移行して料金は下がるのか | トップページ | マイラー2014年前半決算 »

04:家電・パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MVNOの音声通話機能付きSIMカードに移行して料金は下がるのか | トップページ | マイラー2014年前半決算 »