« UNDER GROUND RAMEN | トップページ | レストラン一国 »

2015年3月29日 (日)

香港旅行番外編(海外でインターネット 香港 CSL one2freeプリペイドSIM編)

Dsc05268

先日の香港旅行でプリペイドSIMカードを探して重慶マンションをうろうろしていた
ときにCSLのプリペイドを購入しました。

CSLは香港大手の携帯通信会社ですが、one2freeというブランドで営業していることは
知りませんでした。

元々はSmartoneのプリペイドSIMを購入しようと探していたのですが
中々お店に置いてないです。やはり強いのはTHREEですね。

いくつお店を回っていると店員が声をすると”SIMカード?”とお店の人から声が
かかりました。
Smartoneが欲しいというと、しばらく店の外に探しに行きました。
戻ってくるとSmartoneとは書いてあるがWEBでも見たこともない代物・・・
これはダメだというと、これがお勧めだという感じでone2freeという
SIMカードを出してきました。

額面$98で一週間制限なしで4Gということ購入を決めました。
$95に値切って購入。
アクセスポイントなど各種設定は店員さんがしてくれました。

ホテル戻ってからCSLのHPでこのSIMについて調べてみました。
どうやらこちらのVISITOR用の$98プリペイドSIMです。

Csl

料金を見ると確かに、データ通信は7-Day Pass $78となっています。
店員はこの設定まですでに済ませていました。
つまり額面の$98から$78引いた額がまだ残っています。
実際には管理費$2.5/30dayかかり、$17.5が通話などに利用できます。

とてもお得なプリペイドSIMだと思ってしまいますが
実はこの値段にはちょっとした仕掛けがあります。

CSLから7-Day Passの申し込みが完了したときにSMSが送られてきますが
これをよく見ると「7.2Mbps 7-Day Pass」と書いてあります。

Screenshot_20150214215021

そうです!
4G回線を使用していても実際には7.2Mbpsの速度制限をかけているのです。
ですので、実質3G相当の速度で7日間$78ということです。
ちなみにこの速度制限はCSLのHPのどこにも書いていないです。

Csl2

実際に速度測定してみるとぴったり7Mbpsに抑えているのが良く分かります。

安いものには理由があるということです。
しかし実行では7Mbpsでデータ通信しているのでほとんど問題なく使えます。

実行速度と値段を考慮すると意外に悪くないSIMかもしれません。

次回も使ってみるかも・・・

以上、海外でインターネット 香港 CSL one2freeプリペイドSIM編でした。

|

« UNDER GROUND RAMEN | トップページ | レストラン一国 »

04:家電・パソコン」カテゴリの記事

05:香港旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« UNDER GROUND RAMEN | トップページ | レストラン一国 »