« 札幌 寝台特急カシオペアの旅 2015年12月(2日目-2 赤レンガテラス布袋、ロアモンド、きのとやベイク) | トップページ | 札幌 寝台特急カシオペアの旅 2015年12月(2-3日目 カシオペア フランス料理夕食、朝食、上野到着編) »

2015年12月30日 (水)

札幌 寝台特急カシオペアの旅 2015年12月(2日目-3 カシオペア札幌出発編)

12月14日

すでに、4番線にはカシオペアの乗客で入線する列車を撮影をする人が
数人います。向かいの5番線には乗客ではない鉄道ファンが待っています。

Dsc07566

16:03になり、カシオペアが入線してきました。
みんなが一斉に写真を撮ります。

Dsc07569

Dsc07572

列車がホームに停車し、先頭のディーゼル機関車の前で
記念撮影、急がないと発車までに9分しかありません。

小走りで、列車の写真を撮りながら最後部のラウンジカーまで向かいます。

ボケていますが、カシオペアスイート

Dsc07577

Dsc07578

さすがに12両+牽引車2台分の距離を走るのは疲れます。

やっとラウンジカーに到着です。

Dsc07582

Dsc07581

ラウンジカーを撮影後、やっと10両目の車両に乗ります。
スーツケースを転がすには狭い通路です。

Dsc07585

そして自分の個室へ入り、内部を撮影します。

Dsc07586

枕、布団、シーツは奥に置いてあります。

Dsc07588

各部屋にトイレが付いていますが、飛行機のトイレより狭しです。

Dsc07589

洗面台と鏡を開けるとこうなっています。

Dsc07605

部屋を一通りチェックし荷物を置いて最後部のラウンジカーへ。
すでに、先陣がいました。

Dsc07598

程なく、発車時刻となり列車が動き始めます。
札幌駅を見ながらカシオペアの発車を楽しみます。
なぜ、発車の時にラウンジカーにい居るかというと
12月のこの時間はすでに暗くなり始めていて、明るい内に
外を見られるのも、この発車と到着の時くらいだったためです。

ちなみに発車してすぐに車内アナウンスで
「シャワーカードは現時点で並んでいる方の分で販売終了しました」
と放送がありました。
確かに、出発前に写真を撮影しているときに、ダイニングカーには
10人以上の人が並んでいましたかね。
シャワーを浴びたい方は、3号車の前で待ち構えて、ドアが開いたら
すぐに並ぶことをお勧めします。

さて、発車してすぐに外が暗くなり、一旦自分の部屋に戻ります。
すると、ウェルカムドリンクのサービスがありました。
それにプラスして翌日のドリンク券もいただきました。

Dsc07604


ここから暫くは、幾つかの駅に停車しながら進みます。
夕食は20:10からなので、スーパーで買ったワインとつまみで
ゆったり過ごします。

次の停車駅の案内では、必ず停車時間が短いので、ホームに降りて
撮影しないでくれ、とかスリッパで降りないでくれとかなど
色々な注意のアナウンスが流れます。

そんな中で伊達紋別駅では、後続の特急「スーパー北斗」に追い抜かれる為に
数分間停車します。

18:30くらいに列車が伊達紋別駅に停車しドアが開くとそこそこの人が写真を撮るために
ホームに降ります。自分も降りて撮影しました。しかし寒い・・・。

Dsc07614

伊達紋別駅に入線して停車したスーパー北斗

Dsc07623

伊達紋別駅を出発後18:40くらいに12号車の売店がオープンするというアナウンスが
流れました。
すぐに10号車から12号車まで歩いていきましたがすでに5人ほど列ができていました。
売店というよりも移動販売車の様な小さなスペースです。
飲み物や食べ物も売っていますが、お目当てはカシオペアグッツです。

Dsc07628

グッツを購入して部屋まで戻り、夕食時間の20:10まで約1時間ほどのんびり過ごします。

つづく

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

|

« 札幌 寝台特急カシオペアの旅 2015年12月(2日目-2 赤レンガテラス布袋、ロアモンド、きのとやベイク) | トップページ | 札幌 寝台特急カシオペアの旅 2015年12月(2-3日目 カシオペア フランス料理夕食、朝食、上野到着編) »

11:国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 札幌 寝台特急カシオペアの旅 2015年12月(2日目-2 赤レンガテラス布袋、ロアモンド、きのとやベイク) | トップページ | 札幌 寝台特急カシオペアの旅 2015年12月(2-3日目 カシオペア フランス料理夕食、朝食、上野到着編) »