« 台湾旅行2016年9月(2日目-1 Kホテル朝食、猴硐猫村編) | トップページ | 台湾旅行2016年9月(2日目-3 八方雲集、鬍鬚張魯肉飯、黑岩古早味黑砂糖剉冰錦州店編) »

2016年10月 6日 (木)

台湾旅行2016年9月(2日目-2 十分、十分瀑布編)

9月24日 晴れ 

猴硐で平渓線の行きの列車に乗りました。
この次の駅を過ぎると平渓線という単線になります。

Dscn1395

もちろんディーゼル車で、川に沿って狭い山道を進んで行きます。
約20分で十分駅に到着しました。
この駅は終点ではありませんが、ほとんどの乗客がここで下車します。
まるでラッシュ時の駅のような混雑ぶりです。

Dscn1401

Dscn1402

ここでもカードリーダーにイージーカードをかざして改札を通ります。
そのまま、線路に沿って進んで行くと両側にお店が並ぶ十分老街です。

Dscn1412

線路沿いを歩いていると店員からランタンを上げないかと
声を掛けられます。200ドルくらいからなので記念に良いと思いますが、
ランタンに「願い」と「名前」を書くので、文字を書いてから飛ばすまでは
結構恥ずかしい感じです。

Dscn1415

一通り、十分老街をぶらつき川側の道路に降ります。
ここでタクシーを拾って十分瀑布へ向かいます。

Dscn1424

歩いても30分くらいですが、この暑さでは耐えられません。
タクシーは片道均一100ドルなので数人で乗れば安いものです。
5分もかからず十分瀑布の入り口に到着します。

Dscn1426

ここからは歩きになります。
お店の中を抜けて川に下ります。
すぐに吊り橋が見えてきます。

Dscn1431

この吊り橋はすぐ隣に平渓線の鉄橋が並んでいるので
鉄道と吊り橋を撮るスポットになっています。

吊り橋を渡って公園みたいな場所を少し歩くとお店がいくつか並んでいます。

Dscn1437

それを抜けると、十分瀑布が見えてきます。
滝が見えるように展望台が整備されています。

Dscn1444

ここからさらに奥に進むと正面から滝が見られるようですが
山道なのでここでゆっくり見ることにしました。

暑いので冷たいものが飲みたいのと、お昼で小腹がすいたので
ちょっと休憩します。

Dscn1450

滝のすぐ近くに無料の休憩所がありますのですぐ横のお店で買ったイカ揚げとスムージーでゆっくりとします。

イカ揚げ 160ドル
イカの天ぷらに塩コショウしたものです。
このシンプルな味付けが美味しいです。

Dscn1454

レモン柚子スムージー 60ドル
冷たくてさっぱり、こちらもシンプルな味がいいです。

Dscn1449

お腹も満たしたので、歩いて来た道を戻ります。
帰りも100ドルを払ってタクシーで十分駅まで戻ってきました。

また少し、十分老街のお店を見てふらふらします。

特に買うものもなく、駅のホームへ向かって歩きます。
一時間に一本の列車を逃してはいけないので早めに駅で待つことに。

するとここで事件が・・・
妻がイージーカードをどこかで紛失したことが発覚!
もうすぐ帰りの列車がやってくる時間です。
仕方なく、松山駅までの普通の切符を59ドルで購入しました。

Dscn1481

ちなみに十分駅は、単線のすれ違い駅になっています。
つまり上下線の列車がほぼ同時間にホームに到着するので、
その時間は駅が凄い人ごみになります。

Dscn1477

12:45の平渓線に乗って台北方面に戻ります。
平渓線はそのままでは台北までいけないので
猴硐駅で樹林行き(台北方面)の電車に乗り換え
14:06に松山駅に帰ってきました。

つづく

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

|

« 台湾旅行2016年9月(2日目-1 Kホテル朝食、猴硐猫村編) | トップページ | 台湾旅行2016年9月(2日目-3 八方雲集、鬍鬚張魯肉飯、黑岩古早味黑砂糖剉冰錦州店編) »

07:台湾旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台湾旅行2016年9月(2日目-1 Kホテル朝食、猴硐猫村編) | トップページ | 台湾旅行2016年9月(2日目-3 八方雲集、鬍鬚張魯肉飯、黑岩古早味黑砂糖剉冰錦州店編) »