« 2017年 桜 | トップページ | 電力会社の乗り換え検討 »

2017年4月 4日 (火)

東京電力からniftyでんきへ乗り換え

電力会社の乗り換えに至った「niftyでんき」からの勧誘でした。
話を聞いた後に、他の電力会社の料金やセットプランを考慮した結果
今回niftyでんきに乗り換えることになりました。

<条件>
・基本料金は東京電力と同じ
・電力量料金はが少し安くなります。

Denki2

実際の計算では年間4500円くらいの料金が下がります。
・工事費用や手数料などはなし。
・niftyのプロバイダー料金が毎月250円割引=年間3000円
・キャンペーンとして2年間電気料金が毎月250円割引=年間3000円
キャンペーンはおまけとしても年間7500円の支出を抑えることができます。

<乗り換えの流れ>
・申し込みは電話でOK(サインもいらない)
・数日後、契約書が送られてきます。
  これには契約開始日が書かれています。
・契約開始日(東京電力からの乗り換え日)は、申し込んだ日がその月の15日以前で
 あれば翌月の検針日で、15日を過ぎると翌々月の検針日になります。
・申し込みから1週間後に東京電力から、メーター交換の連絡がショートメッセージにきました。
 新電力へ乗り換える場合は、必ず新しいスマートメーターに切り替えることになるようです。
 料金はかかりませんが、メーター交換の工事が必要で、その工事は東京電力の委託先が
 実施します。
・メッセージから1週間後、ポストにメーター交換の工事日が書かれた紙が入っていました。
 メーター交換は立会いの必要がありません。また、停電はしないと書かれていました。
 どうやら、メーターの状況によっては停電しないと工事ができない場合もあるようです。
・工事日の連絡から4日後、実際のメーター交換の工事が行われました。
 立会いの必要はないのですが、工事の前に「これから始めます」と声をかけて、
 工事が終了したあとに「終わりました」と伝票をくれました。

<従来タイプのメーター>

Senki3

<スマートメーター>
物凄くスッキリしたデザインです。

Denki3

・これで、次の検針日の後からは東京電力からniftyでんきに変わります。  

申し込んでしまえば、費用もかからず、以外に簡単に新電力の乗り換えができました。

|

« 2017年 桜 | トップページ | 電力会社の乗り換え検討 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2017年 桜 | トップページ | 電力会社の乗り換え検討 »