« Lenovo ideacentre 510S SSDに換装 | トップページ | 2018年 明けましておめでとうございます。 »

2017年12月29日 (金)

Lenovo ideapad 310 に4GBのメモリを追加

パソコンの記事が続きます。

 

当たり前ですがスペックが違う2台のパソコンを使うと必ずどちらが速い、遅いに

なってしまいます。

 

PCのスペック差は

遅い:ノートideapad 310

CPU:Core i5 7200U(Kaby Lake)2.5GHz/2コア

メモリ:4GBDDR4 PC4-17000)  

速い:デスクトップideacentre 510S

CPU:Core i5 7400U(Kaby Lake)3GHz/4コア

メモリ:8GBDDR4 PC4-19200

 

タスクマネージャーで実際に使用しながらパフォーマンスをチェックしていると

負荷がかかるとメモリが100%近くになります。

 

CPUとメモリのスピードは変えられませんので残る改善策はメモリの増設です。

幸いスロットが1つ空いているので。

 

早速、ノート用のメモリ4GBを購入。

CFD販売 DDR4 PC17000-4GB D4N2133PS-4G

ケーズデンキで4,565

 

メモリが届いたら早速、空スロットにメモリを入れます。

ノートPCの裏側のねじを外してカバーを取ると空きスロットが見えます。

元々の4GBのメモリは基板に載っていますね。

Note4gb_2

購入した4GBのメモリを装着した状態です。
簡単な作業で完了です。
Note4gb_1

メモリ追加の効果ですが、ブラウザのタブを沢山開いた時の動きが少し改善されました。

タスクマネージャーでパフォーマンスを見ていると、メモリには余裕が出ました。

やはりwin1064bitはメモリが8GBの方が良いと思います。

 

ただ、今度はCPUのパフォーマンスが頭打ちになりました・・・。

ここまでが限界でしょう。

|

« Lenovo ideacentre 510S SSDに換装 | トップページ | 2018年 明けましておめでとうございます。 »

04:家電・パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Lenovo ideacentre 510S SSDに換装 | トップページ | 2018年 明けましておめでとうございます。 »