« 2018年 国際線特典航空券の曜日限定特典が改悪だったと気づいた・・・ | トップページ | バルセロナ・パリ旅行2017年10月(データ通信編)プリペイドSIM&WI-FIルーター »

2018年1月14日 (日)

スターウォーズ/最後のジェダイ

SWフォースの覚醒から2年、久しぶりの映画館での鑑賞です。

最近は飛行機の中で映画を観ることが多く、レンタルすらしなくなりました。

 

・感想(ネタばれ)

最後のジェダイはフォースの覚醒から時間の経過がなく話がつながっています。

これまでの3部作と同様に、真ん中の作品は悪者が勝って終わるパターンです。

 

ストーリーの展開としては、これまでのSWシリーズの中では、最も先が読めない感じです。

ハン・ソロはやはり前作で死んでいることが確定し、今回はレイアが中心になります。

そのレイアも一旦死んだように見せて生き返るという展開、ただしレイア役のキャリーフィッシャーが

すでに亡くなっているのでエピソード9にどうつなぐかが気になります。

ルークも最後に死んでしまったので、実質旧3部作のメンバーは次の作品には中心になれないでしょう。

 

先が読めないということでは、悪の親玉のスノークが死んだり、レイの両親が一般人だったり、

トラッカーを破壊しないなど、王道のスペースオペラの流れから想像できない展開です。

 

反乱軍が逃げるという話なので盛り上がるシーンも少なく、キャラクター間の心理的描写の部分が多く、

2時間半の上映時間が長く感じられました。

 

最後のジェダイは明らかにフォースの覚醒よりも面白くありませんでしたがSWシリーズのフィナーレを

飾るエピソード9はどのように締めくくるのかが逆に楽しみになりました。

|

« 2018年 国際線特典航空券の曜日限定特典が改悪だったと気づいた・・・ | トップページ | バルセロナ・パリ旅行2017年10月(データ通信編)プリペイドSIM&WI-FIルーター »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2018年 国際線特典航空券の曜日限定特典が改悪だったと気づいた・・・ | トップページ | バルセロナ・パリ旅行2017年10月(データ通信編)プリペイドSIM&WI-FIルーター »