« マイラー2017年決算 | トップページ | 軽井沢マリオット 温泉旅行2018年3月(1日目-2 軽井沢マリオットホテル、客室、夕食編) »

2018年3月25日 (日)

軽井沢マリオット 温泉旅行2018年3月(1日目-1 こんにゃくパーク、富岡製糸場編)

 

一泊二日で軽井沢へドライブ旅行&温泉です。

 

去年の夏の伊豆マリオットホテル修善寺が思ったより良かったので今回は

軽井沢マリオットホテルに宿泊しました。

 

1日目>

関越自動車道から上信越自動車道を通って富岡ICで降ります。

2kmくらい走ると最初の目的地のこんにゃくパークへ到着です。1100

Kal_2

Kal_5

入口でまず受付をします。簡単に名前とちょっとした情報を記入するだけです。

まず目指すのは一階の奥にある無料のこんにゃく試食バイキングです。

事前の調査ではこちらのコーナーは人気があり長時間並ぶこともあるということです。

Kal_6

 

幸い、バイキングコーナーに到着すると数人が並んでいるだけですぐに順番が回ってきました。

15種類ほどのこんにゃく料理があり、プレートに好きな料理を取ります。

Kal_9

Kal_11

Kal_10

 

自分で取って、席で食べて自分で片付けるセルフ方式のバイキングです。

おかわりもできますが、もう一度バイキングコーナーに並ばないといけないですが、

基本的にはこんにゃくなのでそれほどの量は食べられない感じです。

Kal_12

Kal_13

食べた後はお土産コーナーを通らないと出られないつくりです。

来場者に試食してもらい、こんにゃくを買って帰ってもらうという一般的な食品販売ビジネスモデルです。

ただ、色々な種類の料理を提供しているのは良いアイディアです。こんにゃく料理の参考になるんでしょうね。

 

Kal_7

とりあえず、無料バイキングという第一の目的を果たしましたので後はゆっくりと

工場見学の後に土産を買います。

 

まずは2階に上がって工場見学です。

ゆっくり説明文を見て回ると時間がかかりますので面白そうな場所だけ見学します。

Kal_17

Kal_18

 

その後一階にもどりお土産コーナーでお土産を購入します。

 

外に出ると、有料のフードコーナーがありますので中華まん300円を購入。

こんにゃく料理だけだとちょっと満足感が無いので・・・

ちなみにお味はコンビニの方が美味しい・・・という感じです。

Kal_19

Kal_20

 

こんにゃくパークは以上で終了です。

 

次の目的地はこんにゃくパークから10分ほどの世界遺産、富岡製糸場です。

離れた場所に無料の駐車場がありますが、歩いて5分ほどの宮本駐車場に

クルマを駐車しました。最初の30分無料、その後30100円。

Kal_21

Kal_22

入場料は大人1000円です。

敷地と建物の全体の広さからすると実際に見学できる場所は少ないです。

まずは入口のすぐ目の前の東置繭所という建物の一階の右手に入ります。

Kal_24

こちらにパネル展示などがありますが、一番奥にあるビデオ上映(約20分)を

観ると富岡製糸場の歴史などが大まかにわかるのでその後の見学の理解に役立ちます。

 

東置繭所の一階の左側には明治時代の繰糸器の復元されたものがあり

時間によっては繭から糸を取る実演が行われていました。

目の前で、実演しながら説明してくれるので興味深く見られました。

Kal_39

2時間弱の見学を終えて駐車場に戻り軽井沢に向けて出発します。

ここから軽井沢までは一般道を走ります。

国道254号線から県道47号、そして国道18号に出ます。

 

碓氷バイパスを運転したのはいつ以来だろう・・・

RC300hの走りを確かめるには十分な峠です。

このエコな2.5Lのハイブリットエンジンでもスムーズ登るには十分なパワーがあり、

ハンドリングの応答の良さも、改めてRCの完成度を感じられます。

 

カーブの連続が終わると軽井沢に入ります。

そのまま国道18号を進むと道沿いに軽井沢マリオットホテルを見つけました。

Kal_81

つづく

 

|

« マイラー2017年決算 | トップページ | 軽井沢マリオット 温泉旅行2018年3月(1日目-2 軽井沢マリオットホテル、客室、夕食編) »

12:温泉旅行」カテゴリの記事

11:国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マイラー2017年決算 | トップページ | 軽井沢マリオット 温泉旅行2018年3月(1日目-2 軽井沢マリオットホテル、客室、夕食編) »