« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

軽井沢マリオット 温泉旅行2018年3月(1日目-2 軽井沢マリオットホテル、客室、夕食編)

1日目>

 

本日の宿泊は軽井沢マリオットホテルのノースウイングです。

軽井沢マリオットホテルのメインウイングすぐ北側にある別館になります。

Kal_80

 

こちらの別館はフロントと客室のみで、レストラン、大浴場、など施設はメインウイングにあります。

その代わり、ノースウイングのすべての客室には温泉が付いています。

 

ノースウイングのエントランスにクルマを止めるとスタッフが出てきて

トランクの荷物をフロントまで運んでくれました。

Kal_45

入口にある無料ドリンク
Kal_42

フロントで説明を受けチェックインを済ますと、スタッフが荷物を持って部屋まで案内してくれます。

Kal_79

驚いたのは、部屋に入ると靴を脱ぐことです。

日本の旅館と同じイメージですがバリアフリーなので、言われないと気づきません。

Kal_78

部屋の中に入ると、温泉の加水の仕方などの説明を受けました。

Kal_50

Kal_51

Kal_52

Kal_53

Kal_58

Kal_55

Kal_59

Kal_62

Kal_63

Kal_67

Kal_61

Kal_73

Kal_69

Kal_71

Kal_72

窓からの眺めはイマイチかな、夏だったら緑でしょうけど。

Kal_57

建物も部屋も新しくて綺麗です。

 

一通り、部屋のチェックと写真を撮り終えた後は、

夕食まで時間があるのでフィットネスセンターへ行くことに。

 

フィットネスセンターはメインウイングにあるので一度ノースウイングから外に出て

歩いてメインウイングに向かいます。

Kal_82

メインウイングのロビーは広いです。
Kal_83

フィットネスセンターは、地下の大浴場の隣にあります。

ちょっと狭い感じ・・・

Kal_87

Kal_88

妻が運動する横で自分は新聞を読んで過ごします。

 

妻の運動後、ノースウイングの部屋に戻ります。

まだ時間がありますので部屋の温泉に入ってみました。

横幅は狭いですが、一人で入る分には十分な広さです。

プライベートで温泉を堪能できます。

 

1730になりメインウイングのグリル&ダイニングG

外気温は2℃、メインウイングとノースウイングの距離は大した

距離ではありませんが、完全防寒です。

 

メインウイングに入るとすぐ左側がグリル&ダイニングGがあります。

オープンで雰囲気のよいダイニングです。

Kal_90

Kal_98

 

<本日のアミューズ>

Kal_99

<浅野屋のパン>

これは温めて出してくれ、柔らかくてオイルに付けて食べると本当に美味しい。

おかわりもしてしまいました。
Kal_152

 

<新潟県産妙高ゆき海老の燻製とシーフードのマリネ市田柿と林檎のサラダ仕立てカッテージチーズと山葵の香るオイルを添えて>

素材も味付けも美味しい
Kal_150

<本日のスープ>人参のポタージュ
Kal_102 

 

<信州ハーブ地鶏とニジマスのグリルコンボグリーンペッパーとハーブのソース>

このメインはかなり残念でした。地元の素材を使うことを考えているのでしょうが

焼き魚と鶏肉のグリルを盛り合わせた皿は見栄えがイマイチ。

ソースも今一つ・・・、サーモンや豚肉の組み合わせが良いと思います。
Kal_103

 

G特製デザート>あまおうのシャーベットとラズベリーのケーキ

シャーベットのあまおうの味がいいです。

<ミカドコーヒー>
Kal_104


メイン料理以外は満足できるものでした。


この料理のコースは1泊2食にセットになっている6000円のものです。

会計票を見ると、他に8000円や10000円のセットもあるようです。

Kal9992

 

ノースウイングの部屋に戻り、畳のリビングでゆったり過ごして

温泉に入ったりリラックスできました。


一日目終了 つづく

| | コメント (0)

2018年3月25日 (日)

軽井沢マリオット 温泉旅行2018年3月(1日目-1 こんにゃくパーク、富岡製糸場編)

 

一泊二日で軽井沢へドライブ旅行&温泉です。

 

去年の夏の伊豆マリオットホテル修善寺が思ったより良かったので今回は

軽井沢マリオットホテルに宿泊しました。

 

1日目>

関越自動車道から上信越自動車道を通って富岡ICで降ります。

2kmくらい走ると最初の目的地のこんにゃくパークへ到着です。1100

Kal_2

Kal_5

入口でまず受付をします。簡単に名前とちょっとした情報を記入するだけです。

まず目指すのは一階の奥にある無料のこんにゃく試食バイキングです。

事前の調査ではこちらのコーナーは人気があり長時間並ぶこともあるということです。

Kal_6

 

幸い、バイキングコーナーに到着すると数人が並んでいるだけですぐに順番が回ってきました。

15種類ほどのこんにゃく料理があり、プレートに好きな料理を取ります。

Kal_9

Kal_11

Kal_10

 

自分で取って、席で食べて自分で片付けるセルフ方式のバイキングです。

おかわりもできますが、もう一度バイキングコーナーに並ばないといけないですが、

基本的にはこんにゃくなのでそれほどの量は食べられない感じです。

Kal_12

Kal_13

食べた後はお土産コーナーを通らないと出られないつくりです。

来場者に試食してもらい、こんにゃくを買って帰ってもらうという一般的な食品販売ビジネスモデルです。

ただ、色々な種類の料理を提供しているのは良いアイディアです。こんにゃく料理の参考になるんでしょうね。

 

Kal_7

とりあえず、無料バイキングという第一の目的を果たしましたので後はゆっくりと

工場見学の後に土産を買います。

 

まずは2階に上がって工場見学です。

ゆっくり説明文を見て回ると時間がかかりますので面白そうな場所だけ見学します。

Kal_17

Kal_18

 

その後一階にもどりお土産コーナーでお土産を購入します。

 

外に出ると、有料のフードコーナーがありますので中華まん300円を購入。

こんにゃく料理だけだとちょっと満足感が無いので・・・

ちなみにお味はコンビニの方が美味しい・・・という感じです。

Kal_19

Kal_20

 

こんにゃくパークは以上で終了です。

 

次の目的地はこんにゃくパークから10分ほどの世界遺産、富岡製糸場です。

離れた場所に無料の駐車場がありますが、歩いて5分ほどの宮本駐車場に

クルマを駐車しました。最初の30分無料、その後30100円。

Kal_21

Kal_22

入場料は大人1000円です。

敷地と建物の全体の広さからすると実際に見学できる場所は少ないです。

まずは入口のすぐ目の前の東置繭所という建物の一階の右手に入ります。

Kal_24

こちらにパネル展示などがありますが、一番奥にあるビデオ上映(約20分)を

観ると富岡製糸場の歴史などが大まかにわかるのでその後の見学の理解に役立ちます。

 

東置繭所の一階の左側には明治時代の繰糸器の復元されたものがあり

時間によっては繭から糸を取る実演が行われていました。

目の前で、実演しながら説明してくれるので興味深く見られました。

Kal_39

2時間弱の見学を終えて駐車場に戻り軽井沢に向けて出発します。

ここから軽井沢までは一般道を走ります。

国道254号線から県道47号、そして国道18号に出ます。

 

碓氷バイパスを運転したのはいつ以来だろう・・・

RC300hの走りを確かめるには十分な峠です。

このエコな2.5Lのハイブリットエンジンでもスムーズ登るには十分なパワーがあり、

ハンドリングの応答の良さも、改めてRCの完成度を感じられます。

 

カーブの連続が終わると軽井沢に入ります。

そのまま国道18号を進むと道沿いに軽井沢マリオットホテルを見つけました。

Kal_81

つづく

 

| | コメント (0)

2018年3月17日 (土)

マイラー2017年決算

危なく忘れるところでした・・・。

やっと2017年の獲得マイルを計算しました。

 

2017年後半の7月から12月の獲得マイルは74,925マイルで

上半期の59,071マイルと合わせ年間獲得マイルは133,996となりました。

 

2017年 前半 後半 年間
JALカード 29,164 23,802 52,966
WAON 622 803 1,425
フライト 11,740 7,218 18,958
ボーナス 10,000 0 10,000
ポイント 6,950 40,919 47,869
その他  595 2,183 2,778
合計 59,071 74,925 133,996

 

後半の振り返りとしては

・フライトマイル

7月台北

10月ロンドン-バルセロナ(ブリティッシュエアウェイズ便)

の2回でした。(少ない・・・)

 

・ポイント

大きく稼いだのはポイントの4万マイルでした。

ポイントは効率良くJALマイルに交換するタイミングがあります。

今回はそういう事情もあり保有ポイントを多めにJALマイルに交換しました。

 

ということで、2017年はフライトマイルが少ないながらも

目標の10万マイルを達成することができました。

 

2018年も10万マイル獲得を目指します!

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年3月11日 (日)

いきなりステーキ

最近はものすごい勢いで店舗数を増やしている“いきなりステーキ”

 

昨年の夏に初めて食べてみましたが肉食系にはお勧めのお店です。

今回は、夏とは違う店舗に行ってみました。

ちなみにこちらのお店はすべて椅子席でした。

Ikinari_4

ヒレステーキ 9/g 約200g

Ikinari_1

 

国産牛リブロースステーキ 10/g 約300g

Ikinari_5

 

写真を撮った後に気づきました。鉄板の置き方が逆・・・

さらにトッピングにインゲンを頼みましたがデフォルトのコーンになっているし・・・

 

 

基本の塩とコショウでいただきます。

今回ステーキソースも少し味見してみましたがイマイチ・・・

ソースがまずくなったかも?

 

ステーキ自体は良かったです。

また食べに行きたいですね。

| | コメント (0)

2018年3月 3日 (土)

オシアナス OCW-T2610F-2AJF

妻が腕時計をプレゼントしてくれました。

201711月に発売されたOCEANUS T-2600シリーズのOCEAN BLUE(オーシャン・ブルーカラー)です。

HPでの写真で見るよりも本物は青色が深い感じ。

重さ90gはかなり軽い! さすがケースもバンドもチタンなだけあります。

Dsc02807

 

現在自分が使っている腕時計はOCW-M700TDJ-1AJF200610月発売)という第2世代のオシアナスです。

10年以上故障もなく、ソーラー発電で電池交換も不要、電波時計で正しい時間を刻み続けています。

ワールドタイム機能もあるので海外旅行時も重宝します。

 

最近はスマホで正確な時間がわかりますが、やはりサッと時間がみられる腕時計は自分にとって必需品です。

大事に長く使いたいです。

 

ヤフーショッピングで90700円、Tポイント14512

妻がお年玉で買ってくれました。

2017.3.8追記

いつの間にかHPからこのOCEAN BLUEがなくなっていました。

検索するとすでに生産中止になっています。4か月で生産中止ってどういうこと?

https://products.oceanus.casio.jp/_detail/OCW-T2610F-2A/

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »