« 東屋 うなぎ | トップページ | Veronica persica (ウェロニカ ペルシカ)フランス料理 »

2018年12月19日 (水)

台湾(高雄・台南)旅行2018年10月 高雄で安くスマホ買う編

 

10月の台湾旅行でスマホを購入しました。

これまで台北では3回ほどスマホを購入していますが高雄では初めてです。

今回は自分用ではなく頼まれ物です。

 

ターゲットのスマホは1年前に発売された

Zenfone4 6GB/64GB SD660 です。

 

日本でもZenfone4として179月から販売されていますが発売時は56,800円(税別)

かなりの高額商品でした。その後価格改定で49,800円(税別)

流石に発売から1年くらい経過しているのでこの時点で実売は4万円くらい。

 

1711月からはZenfone4 カスタマイズモデルが追加されています。

こちらはメモリが4GB チップセットがSD630とスペックをダウンさせています。価格は44,800円(税別)

台湾ではこちらが主力モデルですが・・・。

 

ちなみに後継モデルのZenfone5のチップはSD636で、スコアを比べるZenfone4 SD660の方が性能は上です。

WEBにはZenfone4 SD660の方が早いということを書いている方もいます。

まあ、1年前の製品でもそれほどスペックは高いということです。

 

 

 

さて、ここから購入に向けての準備です。

 

 

まず、事前にePRICEで実売価格を調べます。

こちらのサイトでは都市別、お店別にそのモデルの最新価格が掲載されています。

今回初めて高雄で購入するので高雄のお店の価格を調べると・・・

台北に比べて高雄のお店のほうが値段が少し高めの設定です。 

 

なるほど、激戦区の台北はやはり一番安い、そして地方は高いということ。

それでも実売3万円くらいなので日本で買うよりも1万円くらい安いです。

 

さらに調べるとこのモデルを掲載しているお店は高雄で5軒のみ。

すでにZenfone5が発売され、Zenfone4は在庫売り切りのような状態です。

元々、台湾ではこちらのSD660モデルは主力ではないので数も少ないのでしょう。

 

日本を発つ前にグーグルマップでお店の場所を確認し、ホテルから行けそうな場所を

3店舗ほどチェックしておきました。

 

 

続いて高雄現地の購入編です。

 

一軒目のケータイショップ

巨蛋站の近くのMiko米可手機館です。

思ったより大きくて綺麗なお店でした。

Takao1810_576

順番待ちの番号札を取って椅子に座って待ちます。

自分の順番になりカウンターに移動します。

日本語も英語も通じません、中国語のみです。

まずは、“我要Zenfone4 6GB/64GB SD660”と書いた紙を見せます。

 

すると店員がパソコンで何かを調べて店の奥に行って商品を持ってきました。

 

箱を見るとZenfone5Z 6GB/64GB と書いてあります。

全然違うだろ・・・!

これではないと店員にもう一度紙を見せます。

 

そして店員はまたパソコンで調べて店の奥から商品を持ってきました。

 

箱を見るとZenfone4ですが 裏を見ると4GB/64GB と書いてあります・・・。

違う!6GB/64GBが欲しいというと、もう一度パソコンで調べます。

すると在庫が無いという返事・・・。

 

店員がイマイチなのと、在庫が無いのにePRICEに登録しているということにがっかりでした。

 

 

これはちょっと6GB/64GBは高雄に物が無いのかもしれない可能性があるので

一旦、その場で日本の依頼者に電話をして最悪4GBの選択肢にするかを確認しました。

とりあえず4GBでもOKという了承をもらい次の一手に進みます。

 

 

今度は、事前調査の2軒目の候補のお店です。

まずはePRICE に掲載してあるLINEにメッセージを送りました。

もちろん中国語です。

自:“このモデルの在庫はあるか、いくらか?”

少し待つと返事がきました

店:“在庫があり8300ドル”

この値段はePRICEに記載ものと同じです。

ついでに色々確認します。

自:“日本人だけど購入できるか?”

店:“どこにいる?”

自:“旅行で高雄にいる。”

店:“購入できます”

自:そちらに行きます

店:お店の住所

 

 

お店の場所はすでに調査済みなのでタクシーを拾って移動しました。

 

二軒目のケータイショップ

生態園區站近くの傳鑫通訊-崇德店。

Takao1810_585

店員が一人しかいない小さなお店です。

Takao1810_583

店員にさっきLINEで連絡したと伝えると、何も知らないという反応・・・。

そこで、先ほどのLINEのやり取りを見せると、店員はどこかに電話かけました。

電話が終わると、商品を出してきてくれました。

どうやら、LINEの相手はこちらのお店にはいないということらしい。

 

 

店員が箱を開けて確認するか?と聞いてきたので

必要ないと答えて、そのまま未開封で袋に入れてもらいました。

支払いは現金です。

 

 

これで、無事にZenfone4 6GB/64GB SD660の購入が完了しました。

実はその日の夕方にお店からLINEが来て購入したスマホの裏側のシリアルナンバー

を写真で送って欲しいと連絡がありました。すぐに写真を撮って送ってあげました。

多分、未開封で購入した為に店員が何か処理を忘れたのだと思います。

Takao1810_603

 

<まとめ>

高雄でスマホを購入した際の考察

・台北に比べて値段が高く、お店の数が少ない。

・中国語が少し書け、話せないと難しい。日本語、英語は通じない。

・今回購入したお店では台湾の電話番号も、ePRICEの会員番号も不要だった。

・直前にお店に在庫があるか確認した方が良い。どこのお店もFBLINEで連絡できる。

 

 

台湾でスマホを購入するのは4回目になりました。

毎回色々と条件が違って、この方法を知っていれば大丈夫ということはない感じです。

お店の人とのやり取りは中国語ができないとダメということは言えます。

どうしても安く購入したいという方は自己責任でお願いします。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

|

« 東屋 うなぎ | トップページ | Veronica persica (ウェロニカ ペルシカ)フランス料理 »

07:台湾旅行」カテゴリの記事

04:家電・パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東屋 うなぎ | トップページ | Veronica persica (ウェロニカ ペルシカ)フランス料理 »