« Zenfone5Z用 明誠ガラススクリーンプロテクター ソフトフレーム | トップページ | マイラー2020年前半決算 »

2020年10月17日 (土)

Lenovo IdeaPad Duet Chromebook

ある日突然妻がタブレットPCが欲しいと言ってきました。

過去に2回タブレットPCを購入していますが、すでに売却済みで手元にはありません。

2013年:GALAXY Tab 7.7 Plus

2010年:iPad初期型

 

Androidユーザーの我が家ではAndroidタブレットの一択だと思い色々調べてみました。

現時点で自分の感覚ではタブレットPCiPadの牙城でAndroidHUAWEI

少し頑張っていると思います。

そんなAndroidタブレットですが、スペックを見ると残念感が否めません。

搭載されているCPUのほとんどがローエンドの物です。

メーカーもそれほど力をいれて開発はしていない状況と想像できます。

 

そんな中、スペックで見ているとミドルレンジのCPUを積んだ2in1タブレットを

発見しました、今年6月に発売されたLenovo IdeaPad Duet Chromebookです。

メモリの4GBとストレージの128GBとミドルレンジのスマホ並みの性能です。

 

しかし、OSChromebookという今まで経験のないものです。

そこで今度はChromebookを調べてみました。

自分の結論としてはChromebookはノートPCの簡易版でWindowsなどの

OSよりもChromeOSで動作を軽くして、簡単なPC作業に向いているPCである。

 

元々タブレットPCで複雑な作業をすることは想定しない、また、タブレットの弱点である

キーボードも付いた2in1にすることで、今使っているモバイルノートLenovo ideapad 120Sの代わりに使える。

さらにChromeOSAndroidのアプリも使える(ただし、すべてではない)

 

これまでにない新たな使い方が出来そうなので、今回Lenovo IdeaPad Duet Chromebook

購入に踏み切りました。

Duet-2

Duet-1

Androidで使えるアプリが気になりましたが、以下の2つのアプリは無事に動作しましたので

良かったです。

どこでもディーガ(外出先でTVが見られる)

Media Link Player for DTV(録画したビデオを持ち出せる)

 

インプレッションは別途書きたいと思います。

 

<スペック>

OS:Chrome OS

CPU:MediaTek Helio P60T プロセッサー(8コア、2.0GHz

液晶ディスプレイ:10.1WUXGA1920×1200)液晶、10点マルチタッチ対応

メモリー:4GB

ストレージ:128GB eMMC

外部インターフェイス:USB2.0 Type-Cポート×1

内蔵カメラ:背面:800万画素、前面:200万画素

センサー:ジャイロセンサー、加速度センサー、光センサー

無線機能:IEEE802.11 ac/a/b/g/nBluetooth 4.2

バッテリー駆動時間:約10.0時間

本体サイズ:タブレット本体:約239.8(幅)×159.8(奥行)×7.35(高さ)mm

キーボードとカバー装着時:約244.9(幅)×169.3(奥行)×18.2(高さ)mm

質量:タブレット本体:約450g

キーボードとカバー装着時:約920g

NTT-X Store 38,800円

|

« Zenfone5Z用 明誠ガラススクリーンプロテクター ソフトフレーム | トップページ | マイラー2020年前半決算 »

04:家電・パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Zenfone5Z用 明誠ガラススクリーンプロテクター ソフトフレーム | トップページ | マイラー2020年前半決算 »