« いちご 紅ほっぺ | トップページ | LEXUS RC300h 42か月点検 新型2020年IS試乗 »

2020年12月12日 (土)

Xiaomi mi note 10 lite

すでに、イオンモバイルからOCNモバイルONEMVNOを乗り換えました。

今回はその時にXiaomi mi note 10 liteに機種変更した件についてです。

Mi10lite-1

Mi10lite-2

ついに、ここ何年か愛用してきたASUSZenfoneシリーズから離れることになりました。

新型コロナで台湾に買い出しに行くことができないことも理由の一つですが、

一番の要因は、Zenfone6以降に魅力的なミドルレンジのスマホがなくなったことにあります。

以前は、勢いのあったZenfoneでしたがすっかり中国ブランドに押されてしまい、

高級路線に進んでしまいました。

 

そんな中で、この一年くらいで注目が集まっているのがOPPOXiaomiです。

ミドルからローレンジでコスパが高いスマホを日本に投入し続けてきています。

<購入経緯>

今回、買い替えを検討している中で、ちょうどOCNモバイルONEMNP契約で

Xiaomi mi note 10 liteが安くセット販売されていたので購入しました。

実際のスマホ本体はgoo Simsellerという会社から購入し、SIM料金はOCNに支払うという

契約です。

MNPセット特価goo seller13,800円(税抜き)

 

これまで使用しているZenfone5Zmi note 10 liteを比べると、

CPU性能は少し落ちますがカメラはかなり性能が高いです。

この2年くらいはカメラ機能が大幅に進化しているのでそれに合わせmi note 10 liteを選択しました。

 

<個人的な感想>

・バッテリー容量

Zen5Zと比べると容量が1.5倍になっているのでほぼそのまま使用時間が長くなった感じです。

旅行でスマホとカメラ兼用にするようになってからはバッテリーが3000mAhでは、ぎりぎり1

使用できるかどうかでしたので、今後は余裕で1日利用できます。

・カメラ性能

mi note 10 liteを選んだ理由でもあります、光学望遠はありませんがデジタル望遠でも

綺麗に撮影できます。コンデジ代わりには十分な性能だと思います。

・画面

有機ELの画面が綺麗、液晶よりも文字がくっきり見えます。最近のIPS液晶も綺麗ですが

やなり有機ELは見え方が違います。

残念なのは3D曲面ディスプレイの曲がった部分が見づらいというか使えない領域になることです。

逆にこのカーブがあるので持ちやすく頑張れば片手操作可能です。

また、デザイン性というか高級感があります。

・指紋センサー

画面上に指紋センサーがあるのは、スマホを置いたまま、画面をオンできるので便利です

ただし、認識されないことが多いです。同じ指を2重登録することで少し改善させ

使えるレベルにはなっています。

Zen5Zの背面指紋センサーは反応も精度も良かったですね

・サクサク感

Zen5Zからmi note 10 liteに切り替えたことでCPUSD845のハイエンドから

SG730Gのミドルハイレンジに落とした形になりました。

元々去年購入したZen5Zは発売後1年経過していて当時SD845搭載のスマホが3万円台で

手に入るということから入手に至りました。

この時Zne5(無印SD636,RAMGB)→Zen5ZSD845,RAMGB)に切り替えた時に、

爆速に感じたかというと、それほどではありませんでした。アプリの立ち上がりやスクロールなどは多少早くなったとはいえ

おそらくゲームをしないような使い方ではSD845も宝の持ち腐れになるということでしょう。

そして今回Zen5ZSD845,RAMGB)→mi note 10 liteAD730G,RAM6GB)に

切り替えたことで遅くなったかというとそんな感じはほとんどありません。

ということでSD730Gでも十分なサクサク感は得られます。

ただ、久しぶりにZne5(無印SD636,RAMGB)を触ったら遅いと感じました。

・メモリ

内部ストレージは64GBと多いとは言えませんが、自分の使い方であれば、これまでのZen5Zでも

足りないと感じることはありませんでした。

microSDが使えないという部分は自分には影響はありません。

大切なデータは、スマホでなく別のストレージに保管をするのが基本ですから、

スマホやPCのストレージは、いつ壊れてしまうかわかりませんからね。

 

・まとめ

現時点でmi note 10 liteは、ゲームをメインするようなユーザーでなければ十分高い性能があります、

独自OSMIUIもそれほど使いにくいもでもありません。良い部分も悪い部分もありますが、

ミドルハイレンジのスペックを3万円くらいで購入できる点から考えればコスパは高いと思います。

 

ついでに妻の分もgoo simsellerの機種変更クーポンで

27,300円(税抜き)で購入しました。

 

この時点でのスマホ所有状況

自分:mi note 10 lite

妻メイン:mi note 10 lite

妻サブ:ZenfoneZ

 

以下の表は比較表です。

Zen5mi10

|

« いちご 紅ほっぺ | トップページ | LEXUS RC300h 42か月点検 新型2020年IS試乗 »

04:家電・パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いちご 紅ほっぺ | トップページ | LEXUS RC300h 42か月点検 新型2020年IS試乗 »