« 在宅勤務と自宅の有線LAN化(敷設編) | トップページ | 「土佐文旦(ぶんたん)」高知県仁淀川町 2021年3月 »

2021年3月20日 (土)

パナソニック 32V型 液晶テレビ VIERA  TH-32G300

寝室に設定してある20インチの三菱電機の液晶テレビの調子が悪くなってきました。

時々電源が入らず、コンセントを抜いてリセットする状況です。

まあ、12年前に購入した液晶テレビですから買い替え時期ですね。

 

そこで20インチの液晶テレビを探してみると、ほぼ日本メーカーは撤退状態です。

24インチが最小ラインです。

 

そんな中で、先日自宅の有線LAN化で、寝室にもLANケーブル配線してポートを設置しました。

これによって寝室に設定するテレビも有線ネットワークに対応できるようになります。

そうなると買い替えるテレビの選択に影響があります。

それはパナソニックのお部屋ジャンプリンク機能です。

リビングに設置してあるレコーダーの録画番組が寝室でも見られる便利機能です。

 

つまり購入するメーカーはパナソニックの一択になります。

後は画面サイズを考えます。

テレビの設置位置から考えると2432インチが限界です。

値段を調べると2019年モデル32インチが34,449円で、

2020年モデルの24インチが30,900円なので価格差は

3600円くらいです。

 

考えるまでもなく32インチを選択します。

基本的にテレビは大きい方が後悔しないという格言(嘘です)がありますので・・・

 

パナソニック液晶テレビ TH-32G300 34,499

5年延長保証 1,755

 

32tv-1

32tv-2

実際に設置してみると32インチでも大きく感じませんでした。

やはり大きい方を買って正解でした。

 

設置も簡単、お部屋ジャンプリンク機能も特に設定なくLANケーブルを接続するだけで

ローカルネットワーク内にある機器がすぐにつながります。

 

実際にリビングのレコーダーに入っている録画済みの番組を観ることができました。

リモコンの反応も悪くなくあたかもそこにレコーダーがあるかのように操作できます。

残念なのは1.3倍再生と10秒戻しができないことくらいで、チャプター飛ばし、30秒飛ばし

が可能なので使える範囲と言えます。

 

|

« 在宅勤務と自宅の有線LAN化(敷設編) | トップページ | 「土佐文旦(ぶんたん)」高知県仁淀川町 2021年3月 »

04:家電・パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 在宅勤務と自宅の有線LAN化(敷設編) | トップページ | 「土佐文旦(ぶんたん)」高知県仁淀川町 2021年3月 »