04:家電・パソコン

2021年7月25日 (日)

シャープ プラズマクラスタ- 衣類乾燥除湿機 CV-L71-W

 

仕事部屋には冬にエアコンを設置しましたが、梅雨時期の湿度では

除湿で運転させても冷えるばかりで除湿不足です。

 

そこでエアコンと除湿機(7年前に東芝の除湿乾燥機 RAD-S63(W)

を併用すると、これがとても良いです。(電気代はかかるけど)

湿度60%、室温26℃で快適に在宅勤務ができます。

 

ということで、仕事部屋用にもう一台除湿機を購入することにしました。

Cvl71w

今回購入したシャープは東芝のRAD-S63と比べると

静寂性:ほぼ同じ、コンプレッサー方式は低音が響きます

      耳にうるさく聞こえますが、WEB会議では相手側には聞こえないので

      問題ないです。

機能:シャープはプラズマクラスター付き、ルーバーは手動式固定

    東芝は空気清浄機能なし、ルーバーは自動

除湿性能的にはほとんど変わりませんので。実用上で大きな差はないです。

 

購入して、商品が届いた時にはすでに梅雨明けしてしまったので

来年以降の活躍を期待しています。

 

カメラのキタムラ21,780

 

| | コメント (0)

2021年3月28日 (日)

パワーブーストサイクロン PV-BH900H(R) [ルビーレッド]

現在使用中の掃除機は11年前に購入した三洋(メーカーとして存在しない)のSC-MRK8です。

 

これまでずっとキャニスタータイプの掃除機を使用してきましたが、昨今の流行りの

コードレススティックタイプに買い替えようということになりました。

 

各社のスティックタイプを比較して、吸引力とスタンドが付属している点で

日立のパワーブーストサイクロン PV-BH900Hに決めました。

実際には、この前の型を購入しようとしていたらモデルチェンジで現行型に変わり

価格が落ち着くまで半年以上待機していました。

 

今回、ようやく予算の4万円を切りましたので購入に踏み切りました。

何故か色がシャンパンゴールドよりルビーレッドが少し安いのでレッドを購入。

PCボンバーで 39,600

Pobu-5

Pobu-6

Pobu-3

<インプレッション>

・良い点

スタンドに掛ければ自動で充電してくれるのが楽

吸引力標準でも十分、パワーヘッドもあるので絨毯も問題なし

LEDライトが付いているのでフローリングのほこりが良く見える

思ったより静か

ごみを捨てるのが簡単

 

・悪い点

重量が標準構成で1.9kgになるので妻には重い

ホースなど付属品が多い、ここまでなくてもオプションで良い

 

・まとめ

ちょっと重いがリビングに設置しておいてすぐに掃除ができる

コードレススティックは便利。

ちょっと値段は高いがものは良い。

 

| | コメント (0)

2021年3月20日 (土)

パナソニック 32V型 液晶テレビ VIERA  TH-32G300

寝室に設定してある20インチの三菱電機の液晶テレビの調子が悪くなってきました。

時々電源が入らず、コンセントを抜いてリセットする状況です。

まあ、12年前に購入した液晶テレビですから買い替え時期ですね。

 

そこで20インチの液晶テレビを探してみると、ほぼ日本メーカーは撤退状態です。

24インチが最小ラインです。

 

そんな中で、先日自宅の有線LAN化で、寝室にもLANケーブル配線してポートを設置しました。

これによって寝室に設定するテレビも有線ネットワークに対応できるようになります。

そうなると買い替えるテレビの選択に影響があります。

それはパナソニックのお部屋ジャンプリンク機能です。

リビングに設置してあるレコーダーの録画番組が寝室でも見られる便利機能です。

 

つまり購入するメーカーはパナソニックの一択になります。

後は画面サイズを考えます。

テレビの設置位置から考えると2432インチが限界です。

値段を調べると2019年モデル32インチが34,449円で、

2020年モデルの24インチが30,900円なので価格差は

3600円くらいです。

 

考えるまでもなく32インチを選択します。

基本的にテレビは大きい方が後悔しないという格言(嘘です)がありますので・・・

 

パナソニック液晶テレビ TH-32G300 34,499

5年延長保証 1,755

 

32tv-1

32tv-2

実際に設置してみると32インチでも大きく感じませんでした。

やはり大きい方を買って正解でした。

 

設置も簡単、お部屋ジャンプリンク機能も特に設定なくLANケーブルを接続するだけで

ローカルネットワーク内にある機器がすぐにつながります。

 

実際にリビングのレコーダーに入っている録画済みの番組を観ることができました。

リモコンの反応も悪くなくあたかもそこにレコーダーがあるかのように操作できます。

残念なのは1.3倍再生と10秒戻しができないことくらいで、チャプター飛ばし、30秒飛ばし

が可能なので使える範囲と言えます。

 

| | コメント (0)

2021年3月14日 (日)

在宅勤務と自宅の有線LAN化(敷設編)

自宅のリビングから仕事部屋まで有線LANを敷設するDIYを行います。

完成配線は以下の通りです。

 

-----[Wi-Fiルーター]----有線LAN----[ジャック]----有線LAN-- --[HUB]-----有線LAN-----[ジャック]----[PC]

 

1.仕事部屋の配線を確認

Lan-7

仕事部屋のコンセントカバーを開けると、電話の配線の他に緑色のワイヤーが見えています。

これは呼び線で、CD管に最初から入っていて天井までつながっています。

Lan-10

2.仕事部屋から天井までLANケーブルを敷設

呼び線があるとラッキーです、この緑の呼び線にLANケーブルの先端の首に引っ掛けてテープで

しっかりと外れないようにします。

そして、天井側から緑の呼び線を引っ張ってLANケーブルをCD管に通していきます。

LANケーブルがこのくらいまで出ていればOK

Lan-12

3.コンセントカバーにLANジャックを付けてLANケーブルを接続

電話ジャックの下ある、ブラックチップを外し、購入したLANジャックをはめ込みます。

爪でハマっているだけなのでマイナスドライバーでちょっと広げて外し、はめるのはパチンと手ではめます。

CD管から残っているLANケーブルをLANジャックの裏側に接続します。

Lan-14

このタイプのLANジャックは、裏も表もLANケーブルをそのまま挿せるので楽でよいです。

4.コンセントカバーを元に戻して仕事部屋の配線完了

コンセントのカバーを戻すと、電話ジャックの下にLANジャックが出来上がりました。

これで仕事部屋のLANケーブル設置は完了です。見た目も完璧。

Lan-15

5.リビング側の配線を確認

残念ながらこちらには緑色の呼び線がありませんでした。

恐らく、光ケーブルを敷設する際に使用されてしまったものと思われます。

6.リビングから天井までLANケーブルを敷設

呼び線がないので、ネットで調べたビニールひもを掃除機で吸引する方法で

まずはビニールひもをCD管に通し、それにLANケーブルを縛りつけてテープで外れないようにし

天井側からLANケーブルを引っ張りました。

Lan-17

このビニールひもを掃除機で吸引する方法は、入口も出口も空気の漏れをなるべく少なくする

工夫が必要で妻と二人かかりで試行錯誤して何とかできました。一人では難しい作業です。

7.コンセントカバーにLANジャックを付けてLANケーブルを接続

 3.と同様

8.コンセントカバーを元に戻して仕事部屋の配線完了

 4.と同様

9.天井にHUBを設置

天井にはHUB用のコンセントがあるので、HUBの電源をコンセントにつなげ

リビングと仕事部屋からのLANケーブルをHUBに差し込んで工事完了です。

Lan-16

 

 

最後は、ちゃんとLANケーブルがつながっているかPCを接続して確認します。

通信速度は300400Mbpsとなり、無線より23倍速くなりました。

やはり有線LANはスピードと安定性が違います。

 

今回自宅の有線LANの敷設をDIYしてみて、結果は満足です。

しかし、DIYの中身はほとんど壁の中なので見た目が変わらず

なんだか達成感が無い・・・・

 

 

<これまでに在宅勤務に投資した金額(もちろん自腹です)>

ヘッドセットエレコムHS-HP28UBK  2,591

PHILIPS 23.8型ワイド液晶ディスプレイ243V7QDAB/11  11,980

ノートパソコンスタンドLYIXI 2,480

ロジクール  ワイヤレスキーボードK270 1,616

コクヨ椅子 エントリー 23,540

パソコンデスク120*60 5,992

アイリスオーヤマ モニター台 MNS-590 1,906

パナソニック エアコン CS-J220D-W 69,800

フラットLANケーブル 15m CAT7準拠 1,016

フラットLANケーブル 5m CAT7準拠 878

パナソニックJ-J型情報モジュラジャックCat5E 埋込型 NR3460W 2,170

BUFFALO スイッチングハブ LSW6-GT-5EPL/NBK 1,280

 

合計 125,249

 

 

| | コメント (0)

2021年3月13日 (土)

在宅勤務と自宅の有線LAN化(部材購入編)

在宅勤務では、会社のPCを家の無線LANに経由でインターネット

に繋いでいます。

自宅のWi-Fiルーターは11ac、最近の言い方だとWi-Fi5です。

無線LANで接続した実測では120140Mbpsの速度になり

WEB会議などでは全く問題なく使用できます。

場合によっては無線LAN上でVPNを使って会社のシステムに

繋げますが、そうすると50Mbpsくらいに落ちます。

これでも一般的な業務には支障はないです。

 

ただ、影響があるとすれば100MB以上のファイルのやり取りです。

このくらいのファイルサイズだとデータの移動に時間がかかります。

また、無線の場合はデータ送信が不安定で思ったより時間がかかります。

 

そこで今回、自宅に在宅勤務用の仕事場を設置したのでこの仕事場まで

有線LANを敷設しようと思い立ちました。

 

まずは、現状のネットワーク環境を確認します。

家の外から光ファイバーをリビングまで敷設されそこにHGW(ホームゲートウェイ)

PR-500KIに繋がり、そこららWi-Fiルーター(AtermWG1800HP2

を経由して無線LANと有線LANを使っています。

有線LANはリビングにある機器だけにしか繋げておらず、他の部屋は無線LAN

使用する状態です。

 

 

------光ファイバー-------[HGW]----有線LAN--- [Wi-Fiルーター]----有線or無線LAN----[各種機器]

 

目標はWi-Fiルーターから有線LANを天井を通して仕事部屋まで敷設します。

 

-----[Wi-Fiルーター]----有線LAN----[ジャック]----有線LAN----[HUB]-----有線LAN-----[ジャック]----[PC]

 

最初に、必要な部材を購入します。

・フラットLANケーブル 15m CAT7準拠

1008円→クーポンで508円×21016

・フラットLANケーブル 5m CAT7準拠

878円

Lan-11

ヤフーショッピングで購入

・パナソニックJ-J型情報モジュラジャックCat5E 埋込型 ホワイト NR3460W

1085円×2=2170

アマゾンで購入

Lan-3

BUFFALO スイッチングハブ LSW6-GT-5EPL/NBK

1280円

アマゾンで購入

Lan-2

 

| | コメント (0)

2021年3月 6日 (土)

電動エアコンプレッサー KB8003B

秋から冬にかけてはRCのタイヤの空気圧が下がるので

時々、ガソリンスタンドまで行って空気を入れていました。

最近は、あまりクルマに乗らないでガソリンを入れるよりもタイヤの空気を入れるために

ガソリンスタンドに行っているような状況です。

Air-5

Air-4

そんな中、PayPayの期限付き残高を使うために色々考えていたところ

電動エアコンプレッサー(電動空気入れ)を買うことにしました。

ヤフーショッピングで4980

 

クルマのタイヤ以外も自転車にも使えます。

実際に空気の減った自転車のタイヤに使ってみると110秒くらいで設定値まで入ります。

クルマのタイヤの場合は、11分くらいかかります。クルマの方が設定の空気圧は低いですが

入っている量が多いですから。

 

良い点

設定した値で自動でストップする。

実際には10kPa多く入れて止まります。(バルブから外すときに少し空気が漏れるので)

 

悪い点

電源OFFのスイッチがない、LEDライトがしばらく消えない

そこそこ動作音がする、振動も大きい

 

機能と価格で見れば十分お買い得かもしれません

 


にほんブログ村

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0)

2021年2月27日 (土)

46pcs コードレス 電動ドライバー セット HIRO【ヒロ・コーポレーション】

 

これまで中々購入に至らなかった電動ドライバーですが今回ついに購入しました。

ちょっとしたDIYでドライバーを使うと結構手が疲れますから。

マキタなどの本格業務用ではなく家庭用の割安商品です。

ヤフーショッピングで4980円→クーポンで2736

Dendo-2

Dendo-1

六角と六角ナットまでビットがあるので幅広く使えると思います。

 

ちょっと使ってみましたが、楽ですね。

回転数が速くありませんが、DIYの素人ならこのくらいのスピードが

安全で良いと思います。もっと早く買っておけばよかったくらいです。

 

| | コメント (0)

2021年2月21日 (日)

サンワダイレクト ワイヤレスマウス400-MAW154BK

 

4年くらい前に購入した、サンワダイレクトの400-MA068DS

右ボタンが効きづらくなりました。マウスは消耗品なので仕方ありません。

 

同じものを探しましたが既に販売されておらず、似たような後継モデルの

400-MAW154BKを購入しました。

静音という部分も良いのですが、長時間使っても腕と肩が痛くなりづらいのが

よいです。

 

 

Mou

 

 

サンワダイレクトで 1380円→クーポン利用880円(送料込み)

はかなりお得でした。

 

| | コメント (0)

2021年2月 6日 (土)

在宅勤務とパナソニック エアコン CS-J220D-W

12月に倉庫部屋にエアコンを取り付けました。

 

4月からの在宅勤務で、家中を流浪し、最終的に倉庫部屋を片付け、

エアコンを付けることで、仕事場にすることになりました。

 

今回は夏にダイキンと迷っていたパナソニックにしました。

エアコンは冬買うのが安いと分かる値段です。

 

パナソニック CS-J220D-W   54,800

標準取付工事               10,000

追加工事(隠ぺい)             4,000

エアカットバルブ               1,000

合計                     69,800

 

まだ、暖房しか使っていませんが、0.5℃単位で温度設定できるが良いです。

動作音は静か、ただし室外機は他社品に比べてうるさいです。室内に入れば気になりませんが・・・

 

Air-1

| | コメント (0)

2020年12月12日 (土)

Xiaomi mi note 10 lite

すでに、イオンモバイルからOCNモバイルONEMVNOを乗り換えました。

今回はその時にXiaomi mi note 10 liteに機種変更した件についてです。

Mi10lite-1

Mi10lite-2

ついに、ここ何年か愛用してきたASUSZenfoneシリーズから離れることになりました。

新型コロナで台湾に買い出しに行くことができないことも理由の一つですが、

一番の要因は、Zenfone6以降に魅力的なミドルレンジのスマホがなくなったことにあります。

以前は、勢いのあったZenfoneでしたがすっかり中国ブランドに押されてしまい、

高級路線に進んでしまいました。

 

そんな中で、この一年くらいで注目が集まっているのがOPPOXiaomiです。

ミドルからローレンジでコスパが高いスマホを日本に投入し続けてきています。

<購入経緯>

今回、買い替えを検討している中で、ちょうどOCNモバイルONEMNP契約で

Xiaomi mi note 10 liteが安くセット販売されていたので購入しました。

実際のスマホ本体はgoo Simsellerという会社から購入し、SIM料金はOCNに支払うという

契約です。

MNPセット特価goo seller13,800円(税抜き)

 

これまで使用しているZenfone5Zmi note 10 liteを比べると、

CPU性能は少し落ちますがカメラはかなり性能が高いです。

この2年くらいはカメラ機能が大幅に進化しているのでそれに合わせmi note 10 liteを選択しました。

 

<個人的な感想>

・バッテリー容量

Zen5Zと比べると容量が1.5倍になっているのでほぼそのまま使用時間が長くなった感じです。

旅行でスマホとカメラ兼用にするようになってからはバッテリーが3000mAhでは、ぎりぎり1

使用できるかどうかでしたので、今後は余裕で1日利用できます。

・カメラ性能

mi note 10 liteを選んだ理由でもあります、光学望遠はありませんがデジタル望遠でも

綺麗に撮影できます。コンデジ代わりには十分な性能だと思います。

・画面

有機ELの画面が綺麗、液晶よりも文字がくっきり見えます。最近のIPS液晶も綺麗ですが

やなり有機ELは見え方が違います。

残念なのは3D曲面ディスプレイの曲がった部分が見づらいというか使えない領域になることです。

逆にこのカーブがあるので持ちやすく頑張れば片手操作可能です。

また、デザイン性というか高級感があります。

・指紋センサー

画面上に指紋センサーがあるのは、スマホを置いたまま、画面をオンできるので便利です

ただし、認識されないことが多いです。同じ指を2重登録することで少し改善させ

使えるレベルにはなっています。

Zen5Zの背面指紋センサーは反応も精度も良かったですね

・サクサク感

Zen5Zからmi note 10 liteに切り替えたことでCPUSD845のハイエンドから

SG730Gのミドルハイレンジに落とした形になりました。

元々去年購入したZen5Zは発売後1年経過していて当時SD845搭載のスマホが3万円台で

手に入るということから入手に至りました。

この時Zne5(無印SD636,RAMGB)→Zen5ZSD845,RAMGB)に切り替えた時に、

爆速に感じたかというと、それほどではありませんでした。アプリの立ち上がりやスクロールなどは多少早くなったとはいえ

おそらくゲームをしないような使い方ではSD845も宝の持ち腐れになるということでしょう。

そして今回Zen5ZSD845,RAMGB)→mi note 10 liteAD730G,RAM6GB)に

切り替えたことで遅くなったかというとそんな感じはほとんどありません。

ということでSD730Gでも十分なサクサク感は得られます。

ただ、久しぶりにZne5(無印SD636,RAMGB)を触ったら遅いと感じました。

・メモリ

内部ストレージは64GBと多いとは言えませんが、自分の使い方であれば、これまでのZen5Zでも

足りないと感じることはありませんでした。

microSDが使えないという部分は自分には影響はありません。

大切なデータは、スマホでなく別のストレージに保管をするのが基本ですから、

スマホやPCのストレージは、いつ壊れてしまうかわかりませんからね。

 

・まとめ

現時点でmi note 10 liteは、ゲームをメインするようなユーザーでなければ十分高い性能があります、

独自OSMIUIもそれほど使いにくいもでもありません。良い部分も悪い部分もありますが、

ミドルハイレンジのスペックを3万円くらいで購入できる点から考えればコスパは高いと思います。

 

ついでに妻の分もgoo simsellerの機種変更クーポンで

27,300円(税抜き)で購入しました。

 

この時点でのスマホ所有状況

自分:mi note 10 lite

妻メイン:mi note 10 lite

妻サブ:ZenfoneZ

 

以下の表は比較表です。

Zen5mi10

| | コメント (0)

より以前の記事一覧