日記・コラム・つぶやき

2020年9月13日 (日)

在宅キンムの憂鬱3

4月から在宅勤務を続けて、早5カ月。

“人間は環境の変化に適応できる”とは本当のことのようです。

6月を過ぎるころには在宅での仕事に慣れてきました。

 

在宅とはいえ契約書関連や書類のハンコ処理で月に1度くらい会社に出勤しています。

まさか、取引先との書類を自宅に送ってくれというわけにもいきませんので。

 

会社に出勤しても、平日なのに休日出勤の様にガランとしています。

静かに仕事ができますが、会社の席にいてもWEB会議があるので、

まるでレンタルオフィスで仕事しているみたいです。

ある意味テレワーク?

 

世の中も変わってきています。

セミナーや講座などもオンライン(ZOOMなど)で実施されるものが多くなり、

実際にオンラインで講座を受けてみましたが、会場開催と違い、

説明資料が目の前のパソコンに表示されて見やすいですし、

一緒に受けている他の参加者も気にならないので集中して聴けます。

 

 

在宅勤務については個人が慣れるということと同時に会社も慣れてきたとも言えます。

ちょっと前に流行った言葉で“働き方改革”というのがありました。最近ではニューノーマル?

会社は在宅勤務でも仕事が回ると分かれば、在宅勤務やテレワーク(自宅以外の場所)

の方がメリットが多いと判断して、働き方改革の一つとしてテレワークに舵を切ってきます。

通勤費、オフィスの家賃や光熱費など、固定費が削減でき、経営上はすぐに利益に

効いてきます。

他にも、台風、大雪、労災など通勤リスクが減らせます。

 

そんな流れの中、勤め先の会社もその流れに乗っていき、9月以降は在宅勤務が

基本となり、会社の出勤は外出扱い(出勤交通費は都度清算)ということに

なりました。

 

そうなると、今度は在宅勤務をどう快適にしていくかという考えになります。

 

色々と買ってみましたので、その辺はおいおい紹介していきたいと思います。

 

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土)

SEIKO 電波掛け時計KX383B

前回、家の電波掛け時計の電波受信部分の故障が判明し買い替えをすることになりました。

 

壊れてしまったKS227Bは結構気に入っていたので、似たような時計を探しました。

目標はアナログ式電波掛け時計でカレンダー付です。

WEBで探していると、電波時計の他にGPS掛け時計というものもあるんですね・・高いけど・・・

 

ということでWEBで見た感じでSEIKO 電波掛け時計KX383Bに決めました。

Joshin.webで4920

最近のトレンドでは、カレンダー付きにすると温湿度計表示も付いている感じです。

Tokei
 

商品が届いて、実際に見てみると悪くない感じ。

そして、実際に壁にかけ電波を受信させると問題なく受信して時刻が正確に合いました。

 

ところが、実際に使い始めるとイマイチな部分が見つかりました。

先代のKS227Bと比べるとKX383Bは液晶表示が見づらい。

壁の上の方に掛けると、横からは暗くて液晶部分のカレンダーなどが見えにくい。

液晶自体の視野角のせいなのか、バックライトが暗いのかわかりませんが・・・

さらに、短針と長針が無駄に太い。

液晶のデジタル表示の線が細いこともあり、短針と長針が5時から6時に位置の近くに

なると月日表示が見づらい。

 

 

ということで月日表示を見るときは時計の正面に移動したりしています・・・・

 

やはり、現物を壁にかかった状態で確認した方が良かったかもしれません。

| | コメント (0)

2020年5月 3日 (日)

電波掛け時計の故障とJJYEmulatorアプリ

先日、妻から掛け時計の時間が合っていないと指摘を受けました。

 

SEIKOの電波掛け時計KS227Bで、10年以上前に購入したものです。

アナログ式電波時計にデジタルカレンダーが付いて見やすくて便利な時計です。

 

個人的な好みとして常に正確な時間を知りたいと思っているので

腕時計も含め家中の時計は基本的に電波時計にしています。

 

さて、時間が合っていない掛け時計の話に戻すと、

電波時計は日本に2か所しかない送信局から発信されている標準電波を受信して

一日に何回か時刻を合わせて常に正しい時刻を刻んでいます。

 

電波を受信するということは、受信しやすい条件が色々とあり

実際にTVの近くや家の奥は電波が受信しづらいです。

また、一旦電波を受信できる場所に設置しても、ある時から電波を受信できなることもあります。

 

ということで、まず受信状態を確認するため時計の場所を変えて手動スイッチで受信をさせて

色々と試しましたが予想通り電波を受信しません。受信しなくてもクオーツで動くので時計としては動作しますが・・・

 

そうなるとこの時計は電波時計であるものの、電波を受信しなくなったただのクオーツ時計になっている

可能性が高いです。

うーん、なんか微妙な状態です。

そこで本当に電波を受信しないのかを確認してみます。

 

使用するのはスマホの「JJYEmulator」というアプリです。

このアプリはスマホのスピーカーまたはヘッドホンコードから標準電波を疑似的に発信する

という優れものです。

 

とはいえスマホの機種によっては上手くいかない場合もあるらしいので

まずはこのアプリが自分のスマホで正しく動作するかを確認します。

 

動作確認の方法として、家にある正常に動いている他の電波時計を手動受信モードにして

スマホを近くに置いて電波が受信できるかを確認しました。

そうすると正常な電波時計はスマホからの疑似電波を受信して時刻が正しく合いました。

 

これでJJYEmulatorのアプリが正しく動作していることが確認できました。

そして、時間がずれてしまった掛け時計で試してみます。

やはり受信しない・・何回やってもダメでした・・・

 

ということでこの電波掛け時計は電波受信機能のみが故障していると断定しました。

クオーツ時計としては使えますがやはり正確な時間が欲しい・・・。

次回は買い替え編です。

 

 

JJYEmulatorのアプリについてもう一つの使い方>

元々、このアプリは電波が受信できない場所にある電波時計の時刻を合わせるものですが

今回のように電波時計が正しく電波を受信できるかを確認することにも使えます。

そして今回発見したもう一つの使い方は耳の老化の診断です。

このアプリでスマホのスピーカーから疑似電波を出すと音がでます。

妻にはモスキート音が聴こえて不快な音のようですが、

自分の場合は「ぷっ、ぷっ」という音しか聴こえません。

そうです、老化した耳ではモスキート音が聴こえないのです・・・・

思わぬことで自分の体が老化していることが発見できました。

 

時計が壊れていたのも残念ですが、自分の耳が老化していることも残念な感じです。

 

 

| | コメント (0)

2020年4月26日 (日)

在宅キンムの憂鬱2

まだ、新型コロナウィルスによる在宅勤務が続いています。

 

少し慣れてきましたが、それと同時に

曜日感覚と日にち感覚がなくなってきました。

スケジュール表を常に見ないと、業務の進め方がわからなくなります。

 

妻からも曜日感覚がなくなると言われました。

毎日家にいるわけですから・・・

 

WEB会議のストレス2

次第にWEB会議が増えてきました。

チャットやメールよりも直接話す方が人間らしい仕事の仕方だと認識させられます。

 

しかし、これがストレスの元になります。

WEB会議の案内メールがどんどん送られてきます。

「参加する」にチェックすると、スケジュール表にどんどんWEB会議の予定が埋まっていきます。

そうなると、自分の業務の時間が減ってきて残業することに・・・

 

また、WEB会議に遅れて参加する人、途中で抜ける人

WEB会議ホッピングの人も多くなってきました。

バックから子供の声が聞こえるなんてことも普通に思えます。

 

 

不思議と会社に通勤している時よりも疲れるんですよね。

 

さあ、明日は月曜日です。

在宅キンムを頑張りましょう。

 

| | コメント (0)

2020年4月19日 (日)

在宅キンムの憂鬱

 

新型コロナウィルスによる在宅勤務が続いています。

 

WEBの記事みていると在宅勤務(テレワーク)に関する記事がチラホラあります。

そんな記事を見ていて、そうそう、ちょっと違うなどと思ったりしています。

実際、人それぞれで状況が違うでしょうから・・・

また、個々にメリット、デメリットもあるでしょう。

 

今のところ自分の場合はデメリットの方が多く感じます。

 

実はそんな業務的なことでなく、ストレスや憂鬱な気分を何とかしたいのです。

 

とりあえず、メリットとデメリット(自分の場合)

<メリット>

通勤時間がかからない(業務上)

これだけです・・・

<デメリット>

仕事の効率が悪い(業務上)

妻の機嫌が悪くなる(家庭上)

 

<仕事の効率の悪化>

まず、テレワークとはこんなにコミュニケーションが取りにくいものかとわかりました。

 

ちょっと近くの同僚に声をかけて質問するとか、廊下でちょっと立ち話しをして

情報交換するとか、意外にもこういった対面でのコミュニケーションが

業務上で大事なのだと痛感します。

 

例えば、職場で「今忙しいから、声をかけるな」オーラを出して仕事をしている人が

時々居ますが、テレワークでは相手の業務状況は見えませんから。

 

とはいえ、自分の仕事を進めるのに関係者の仕事のアウトプットが必要な

場合はそんなことは言っていられません。

 

そうなると、すぐに回答が欲しい場合のツールがチャットになります。

PCの画面にもポップアップしてくるので無視できません(無視するという選択ボタンもありますが)

 

少し遅くても回答が欲しい場合のツールがメールになります。

ちょっとしたことでもメールで問い合わせる、或いは回答するということになるので、

メールの数は会社勤務時の3倍くらいになりました。

 

単純にテレワークによるコミュニケーション悪化の補完をする為に

時間がかかり、ストレスにもなります。

 

また、会社のシステムに繋げることも不安定なこともあり、早朝か夜に

業務をすることも多いです。(これは勤務先のシステムの問題ですが)

 

ということで、在宅勤務で残業しているという状況になっているのが現実です。

これが、通勤時間がかからないメリットを消し飛ばし、ストレスだけが増えるという

ことになっていきます。

 

WEB会議のストレス>

対面で仕事をするのと、電話で仕事をするのでは圧倒的に対面の方が

業務の効率が高いです。

 

電話でのやり取りは、伝言ゲームのように細かい意思疎通をするのが

難しいのです。業務上、細かい内容が正しく相手に伝わらないと

誤解を生んだり、間違ったアウトプットになったり、取引先とは補償や金銭問題

になる可能性もあります。

 

WEB会議では資料をPC画面上に共有して話を進めますが

ここでのコミュニケーションも中々のストレスになります。

 

テレビでテレワークの現場取材の映像を時々見かけます。

PC画面に会議の参加者の顔が映り、みんなで顔を見ながらコミュニケーション

できますという風に見えていますが現実はそうではないです。

 

現実は会議の参加者の顔よりも、映されている資料のどこを指して何を言っているのか

理解することに集中しなければならないのです。

 

1日で3回のWEB会議があったときは、精神的にかなり疲れました。

 

<家庭上のデメリット>

定年後の夫が家に居場所がないという話が現実に発生します。

平日は自宅に居て仕事をしているのですが、妻から見ると平日に夫が自宅にいることは、

休みなのか仕事なのかは関係ないのです。

平日の平和な昼間に異物がいるのということなのです。

 

自分のストレスもありますが妻にもストレスはあるのです。

 

早くこんな日々が終わってくれること願うばかりです。

 

 

また、あすから「在宅キンムの憂鬱」が始まります。

 

皆さん頑張りましょう。

 

| | コメント (0)

2020年4月12日 (日)

在宅勤務とヘッドセットエレコムHS-HP28UBK

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の発表に伴い

自分の勤め先も原則在宅勤務となりました。

ちょっと前までは在宅勤務はどちらでも良かったのですが。

 

ここからはヘッドセットの話です。

大体のノートPCは、マイクもスピーカーも付いています。

実際にノートPC付属のマイクとスピーカーを使ってWEB会議を経験した

ことがある人は分かると思いますが、スピーカーの音は聞きづらく、

相手のマイクからは、周りの音をかなり拾って自宅の生活音が入ってしまいます。

特にひどいのはキーボードを打つ音がマイクに入って・・・

 

自分が発話しないときはマイクをミュートにするというマナーもありますが

やはりちゃんとしたヘッドセットを使うとストレスが少ないです。

 

WEB会議の相手側にぜひお願いしたいことはマイクには余計な音を入れないで欲しい。

もちろん、自分でも購入しました。

 

自分はきっと強制的に在宅勤務となるだろとう思い、緊急事態宣言の少し前にネットで調べました。

すると、ビジネス用のヘットセットの在庫がほとんどない・・・。考えることは皆一緒です・・・

やっとケーズデンキオンラインショップで納期2日のヘッドセットが見つかり

すぐに購入しました。

 

エレコムHS-HP28UBK  2591

会社から貸与されているPCはピンジャックがマイクとスピーカーが

一体タイプなのでUSBタイプを選びました。

Photo_20200412223601

実際にWEB会議で相手にクリアに聞こえるか尋ねると

問題はないようです。

 

皆さん、WEB会議はヘッドセットを使いましょう。

 

| | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

うにと醤油

知人からの頂きものです。

同じ方から以前は塩うにを頂きましたが今回は塩なしの生うにです。

とろとろ少し甘い醤油をつけて食べると美味しいです。

お酒よりもご飯に合うかもしれません。

Uni

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土)

小正の梅酒 秋の露 蔵のこだわり

知人からの頂き物です。2月のことですが・・・

最近は帰りが遅いのでほとんど飲めませんが休みの日に

美味しくいただいています。

Sake

| | コメント (0)

2020年1月26日 (日)

スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

2年ぶりの映画館での鑑賞です。

最後のスターウォーズシリーズはやはり映画館で観ないと・・・

 

・感想(ネタばれ)

まず、副題が「スカイウォーカーの夜明け」というのは意味が分からないと

思っていましたが最後にそういうことですかとわかる仕組みでした。

基本的には善が勝つという王道のストーリー。

 

前作の「最後のジェダイ」からどうエンディングに結びつけるのかと

楽しみしていましたが、ほぼ伏線を拾って最後は上手くまとめた感じはあります。

前回のスノークの死やレイの両親の意味合いがつながっている。

 

今回エピソード9を観てエピソード7から9は一つの三部作として、

最初のエピソード4から6までの続編と感じました。

といういか、やはりルーク、レイア、ソロのエピソード4の主役が強すぎて

エピソード7からの主役は色が薄い気がしてかわいそうです。

 

全作までに死んだソロ、ルークは出てくるし、

逆に現実で亡くなっているキャリーフィッシャーを無理やり編集して出している部分は

すごい違和感がありました。(セリフ回しに無理がある・・・)

 

これで主軸のスターウォーズシリーズは終わりました。

これほど長く続いたシリーズはもうでないでしょう。

批評される部分も色々ありますが、これほど壮大なスペースオペラの最終回を観終わって

今は満足感というよりも達成感があります。

 

何十年も楽しませてくれたスターウォーズシリーズに感謝です。

ありがとうございました。

| | コメント (0)

2020年1月 4日 (土)

2020年 明けましておめでとうございます。

正月はすでに一昨年の反省を忘れ食べ過ぎ飲み過ぎました。

 

2019年振り返り>

・仕事

  新しいプロジェクトが始まり残業が増える。

 

・旅行

 1月:香港

 2月:ハワイ

   6月:台北

 10月:タイ バンコク

 

・家電

 ネックスピーカー、ドライヤー、スマホ

 

・健康

10月に腰を痛め(去年の再発)

  去年ほどひどくはない・・・現在100%回復

10月に胃の不調

  仕事のストレスと思われる、一カ月ほどお酒、肉が食べられず

  その後、コーヒーが飲めなくなった。

  思い出したら、去年は柿が食べられなくなった。

 

 

ここ数年、胃が弱くなったと思います。

やはり健康第一で過ごしたいです。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧